お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

まほ 年齢:20代前半 お仕置き経験:3人 彼氏:無し パートナー:無し

2017年3月10日掲載
お仕置き感想提出人数:通算103人目


まず、京介さんの第一印象について。
正直、「少し怖そうな人だなぁ。」と思いました。
格好からくるものだと思います。
私は、勝手に「色白でメガネをかけた細身の体型ではない優しそうな人」を想像いたので、少し驚きました。
話してみると、優しいかんじの方で安心しました。

私は、会う前はとても緊張していて、「なんでこんな約束してしまったんだろう。」と後悔していたほどで、会ってからも、ゆっくりお話するまでは、会う以前と比べて少し緊張がやわらいだ程度だったように思います。
ゆっくりお話をしてみると、「コミュニケーションとかしっかりされてて、きちんとした方だな。」と思いました。

お話の内容については、まず、心理に ついてのお話が興味深かったです。
私自身のことについては、いろいろ聞かれたり、おっしゃることが、見抜かれてる感があったりで、正直、「つらいな...。」と思いました。
あと、私も対人援助技術や心理学を学んでいることもあって、冷静にそんなこと(京介さんが考えていることはなにかとか、こんな技法使われてるなとか)も考えつつつつ話をしていました。
それはともかく、あまり、素直に正直になれなくてすみません。
途中その点を指摘されて、「あちゃー、ばれてるかぁ...。」って焦りました。
(次あったら叱られそうだなとヒヤヒヤしています...。感想文のことも。)

それと、お仕置きは「お仕置きってかんじだな!」と思いました。
痛みは、やっぱり「京介さん」という方だけあって(上 から...笑)なかなか痛かったですが、思ったより回数もなく、そんなに痛くなかったというかつらくなかったというか...笑
泣けなかったし...笑
「えっ、もう終わってくれるの?」って思いました笑

最初だし加減してくれたのだと思いますが。
あっ、でも、道具はなしが良かったんですよ?
痛さの問題もありますが、そこじゃなくて...。

お仕置きはほんとに嫌いなのですが、また会いたいです...笑
ありがとうございました。





京介コメント

まほさんは車椅子ユーザーで、生まれた時から車椅子だそうです。
初めてのお仕置きだと思いきや、経験人数も3人と聞いてびっくり^^;
なぜびっくりしたのかというとそれは車椅子だから。
そうやって捉えてみると車椅子に対する偏見というものが私にもあったんだなと感じ、同時に反省しました。

まほさんは小さい時から親からお仕置きをされ、兄弟もお仕置きをされて育ったそうです。
お仕置きはお尻を丸出しにされて平手でのお尻ペンだそうです。
子供のころからされているので、お仕置きへのあこがれや興味というものではなく、お仕置きは怖いもの、嫌なものという認識でいるようです。
それでもなぜかお仕置きに固執してしまうという心理に本人も戸惑っているようでした。

まほさんはとっても真面目な子。
反省理由は学校の課題や資格試験の勉強が後回しになってしまい自制できないことでした。
その他にも私が見て感じた部分を叱りお説教をしました。
その内容は些細な嘘やごまかしです。

しっかりとお説教をしてお仕置きとなるのですが、足が不自由なのでそれを聞くとベッドへの移動なら自力でできるとのこと。
うまい具合に車椅子を操り、手の力だけでベッドに移り座り込み、それを見ていると普段の生活が垣間見れたようでした。

座り込んだ状態からうつ伏せにして、そこから膝の上に乗せようとするのですが、それが重いんですね^^;
決してまほさんの体型ということではなく、足に力が入っていない状態って持ち上げる側もとても重いんですよね、普段は相手の力を利用して相手を持ち上げたりしているんだなぁと実感しました^^;

膝の上にのせて、スカートの上からお尻をペンペンを始めました。
その後、スカートをめくりペンをし、さらに下着をおろして生尻にお尻ペンをしました。

しばらく叩いた後にケインを使うと、それは初体験だったらしく、「痛い痛い、もうやめて」と本気で訴えてきました。
「ごめんなさいは?」と聞いてもその言葉は頑なに言おうとしません。
さらに力を込めてケインで叩き続けると、としばらくしてようやく「ごめんなさい」といったので、そこでお仕置きを終了としました。

ずっと「お尻が痛い」と訴えていたのですが、帰り際、車いすに座るとさらに痛かったらしくて、段差があるたびに顔をしかめていました。
ずっと座りっぱなしの状態ではそれこそ辛いでしょうね・・・・、と思ったのですが、まほさんの感想を見ると痛くなかった?辛くなかった?んーーー^^;
って感じです(汗)






                     戻る