お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

ひまり 年齢:10代後半 お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し

2017年4月14日掲載
お仕置き感想提出人数:通算108人目


まず京介さんの第一印象ですが派手です。
本人は派手ではないそうですがメッチャ派手に見えます。
派手といっても豪華の方なのでケバい方ではないです。
良い意味の派手なんですが私は一緒には歩きづらかったです笑

移動中は私が一人でペラペラ喋ってそれに付き合ってもらうという感じでした。
それでも聞いてくれたり嬉しかったです。
そのときは会った時の印象からか若干怖いと思ってる部分もありましたがそれでも優しいと感じるほどの何かがあって世間話程度のことを話してました。
途中で法律違反とマナー違反の話が出たのですがそのときも諭してくれる感じが暖かったです。

話してるときの雰囲気は優しいです。
到着後いざまともな話となると何を喋れば良いか分からない私に話題をふって話しやすくしてくれたりで気遣ってくれてるなと思いました。
しかも的確に私の思いを当てつつです 、それは 日常生活もそうだし私のお仕置き観やSM観もです。
さすがにズバリとお仕置き観とか当てられて聞かれたのは恥ずかしかったです笑笑

それでもちゃんと聞いてくれてダメなところは指摘してくれて嬉しかったです。
例えば入った時に靴を揃えるという常識がない私に教えてくれたり。
そういうのを学校以外で言ってくれる人はいないので言われて気をつけようとも思ったしちゃんと教えてくれて嬉しかったです。
そしてダークな話をしてもちゃんと受けとめてくれたのも嬉しかったです。
中々現実ではうけとめてもらえない話だったので‥

そしてお説教では痛いところを突かれました。
自分でも分かっていながら目をそらし続けていた部分です。
それでもちゃんと言いつつ私の言い分も聞いてくれていたからこそ素直に私の心に入ってきました。
その内容は心の中にちゃん と留めて おきたいので敢えて書きません。
そしてそんな部分を指摘され直せと言われているにもかかわらず“でも”とか"けど”とか“だって”とか言い続けて結局無理みたいなことを言い続け黙り込んでいると手を引っ張られました‥。
私のことを思って言ってくれるのはメッチャ嬉しかったです。

そして手を引っ張られお仕置きの時間となりました。
膝に乗せられたときは流石に怖かったです。
私なんで来たんだろうと疑問に思った程でした。
そう思っていると平手がとんできました。
ただ最初の平手は叩かれているという感覚と一瞬の痛みはあるけどそこまで痛くなかったです。
まだそのときは軽口を言える余裕がありました。

それで“痛くない?”と聞かれたときはお尻はジンジン はしてたので痛いと言ったら声もあげないから痛くないのかと思ったと言われました。
結果的にはその後の痛みに比べたらそのときは痛いのうちにも分類されなかったです。
平手の後はケインと定規二個を私の前に置かれてその中から細い方の定規で叩かれました。
細い方の定規だと一回は重くないのですが連打になるとちょっとずつしんどくなりました。
その後羽子板みたいなのが出てきて叩かれていました。
そしてケインが出てきてたんだったと思います。
どれの道具にしても連打は痛かったです。

それまではお尻だけがジンジンして痛い感じだったのですがその後の鞭で痛みが頭まで回りました。
鞭は自分で頼んだのですがあれぐらいが私にとって反省するにはいいのかもしれな いです。
他の道具だと痛いのは痛いのですがあくまで痛いってだけで終わるものでした。

反省材料に対してやからしたことが悪かったという認識はできるのですが直せる?と聞かれると悪いことをしたってのは分かるけど直せるかって言われたら、「うーん」みたいになりましたが、その後の鞭で本気でやめようと思いました。
そして鞭の後は平手100回でした、鞭が効きすぎて平手もかなり痛く感じました。
平手で叩かれてるとき直せる?って聞かれて本気でもうやめると約束するーって感じになりました。

その後のコーナータイムで立ちながら、今は直すって思ってるけどリアルで大丈夫かなー?とか色々思っていたのですがそれを見抜いてたのは驚きました。
でもその場で今直すとい う気持ちが大事って言われてからはどーやってリアルで直していこうとか前向きになれた気がします。

その後の甘えられた時間は幸せでした。
今までほとんどの人が認めてくれなかった辛かったことを認めてくれてスゴいホッとして暖かかったです。
イジられもしたけど嫌じゃなかったです笑笑

その後にもうちょい反省したいなーっと思ってお仕置きを追加で頼みました。
そのときベルトと木ブラシがでてきてそのときの痛みは相当でした笑笑
その後平手15回ぐらいだったのですが痛みが頭の中にまで入り込んだのと過去の出来事が関係して過呼吸になりかけたけど叩き終わった後フォローしてくれてうれしかっです。
そして私自身のために叱ってお仕置きをしてくれるとそれは痛くなくて痛いんだなと思いました。

そして目標もできてもう一回やってみようと思えてそして今までのそのことに対するモヤモヤがとれて気持ちよかったです。
次はこんなもんじゃ済まない気がしていますけどまたよろしくお願いします。

p.s.
一つお仕置きに付け加えです。
お仕置きの最初の方はあまり頭には痛みが来なかったと書きましたがそれはかつて両親に色んなところを殴られてたり蹴られたりしているからこそだと思います。
そういう意味では初体験ではなかったからこそ言えてるのだと思います。
なのでお仕置きの厳しさは自己責任ということてお願いします。






京介コメント

ひまりさんは幼少期から両親に感情的に怒られ、暴力を与え続けられてきました、小学校の約一年ほどは施設に預けられたという経験もしています。
とにかく感情的ではなく、世間体を気にしてでもなく、あくまで自分のために叱ってもらいたいという思いが強かったようです。

育ってきた環境では小学校高学年くらいまではテレビもろくに見ず、ちょうど小学6年生くらいの時にテレビを見るようになり、その時のお仕置きシーンでお仕置きに温かさを感じ憧れのようなものを感じるようになったそうです。

中学2年生になり、携帯電話を持たせてもらうようになってから、ネット検索して遊ぶようになり、そのうち「お仕置き」という用語で検索するようになって、そこでスパの世界を知り、お仕置き小説を読むようになったそうです。

私のところに連絡をしたのは、たまたま私のブログを見つけ、その内容に共感したそうですが、ブログを見つけたその日のにメールをし、しかもその5日後に会う約束もしてしまうという超即効型でした(笑)
さすがにブログを見つけてから5日後にお仕置きをするというのはこれまでありませんでしたね・・・。
連絡をしてから3日後とかはありましたけど、ブログを見つけてから5日は驚異です^^;

そんなひまりさんですが、周りの人に話せないことがかなり溜まっていたようで、会うなりいろんな思いを吐き出しながらお話をしていました。
一つ聞くといろんな方向に話は飛び、自分で整理がつかないほどいろいろなことがあったんだろうなと推察できるようでした。

今回の反省内容はサボり癖と勉強を怠けていることについてでした。
また、サボるにあたっては必然的に嘘がつきまとうので、その嘘をつきすぎて訳が分からなくなり、それも直していきたいとのことでした。
そこらへんの内容をしっかりとお説教をし、お仕置きとなりました。

お仕置きの内容はひまりさんの感想に、私のコメントなみに説明されていますね(笑)
初めてということもありましたが、本人は厳しくして欲しいということと、道具も使って欲しいとのことである程度の厳しさで望みました。
最初は膝の上に乗せて、平手で服の上から軽めに叩き、徐々に強めていきましたが、ひまりさんは全然余裕でしたが、下着を下ろしてからはかなり痛がっていましたね^^
道具も竹物差し、定規、パドル、ケインと使用しましたが、一発一発はなんとか堪えられても連打にはとても弱く、手を出して消え、私はその手を抑えて連打でのお仕置きを決行していきました^^;
またお仕置き前には「鞭も経験してみたい」と自ら申告してきたので、鞭を持ち出し叩きましたがかなりの痛がりようでした^^;

道具を変えるたび、連打のたび、強く叩くたびに「痛い、もう無理、痛い痛い」といってくるので、初めてだしある程度の痛みを与えた感覚でいたので、最後は平手200回を宣告して、残り30回くらいはかなり強めに叩いてお尻ペンは終了しました。
そして今後のことを冷静に考えさせるために、立たせました。

お仕置きを終えてみるとひまりさんは「そこまでいたくなかったかも」なんて軽口をたたき・・・・^^;
あの反応は大げさだったのか???とたまにいる私に対してのだまし?のような反応に「やられたか・・・」と感じました(笑)
この子に関しては次回は容赦しないということをひそかに心に誓ってしまいました(笑)

その時にひまりさんからお仕置きの強さはどれくらいだったか聞かれ、私は「初めてだったし様子を見ながらだからそこまで厳しくなかった」と返答したのですが、それが気に入らなかったらしく、「そういわれると心残りだなぁ、ちゃんと厳しくして欲しかったな」と言い出す始末・・・^^;

そして「もう一回お仕置ってお願いできますか」といってきました^^;
私もひまりさんの大げさな反応に騙され?(笑)、手加減を誤ってしまっていたので、今度は容赦しないことを誓いつつ(汗)もう一度お仕置きをすることとしました。

ベルトも体験してみたいと生意気なことを言っていたので^^;ご要望通り道具は木ブラシとベルトです。
しかも木ブラシは連打で叩き、痛がっても嫌がっても押さえつけてお仕置きを決行、そして極めつけはベルトです、、、。頭の先まで痛く響く!とめちゃくちゃ痛がる反応でした。
時間的には5分ほどでしたがしっかりと痛みを感じてもらい道具でのお仕置きを終了、そして最後に平手をフルで叩くといい、15回を宣告し、1発1発気持ちと力を入れて叩き、今回のお仕置きは終了となりました。







                     戻る