お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

まなか   年齢:20代前半 お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し

2017年5月19日掲載
お仕置き感想提出人数:通算113人目



第一印象は…緊張であまりよく見てないのもあってよく覚えてないです…(笑)
室内入ってもしばらくずっと怖くて。
人見知りがとても激しいので、完璧に私の問題です。

京介さんは小学生の頃から今まで、親のことなど色々な面から私のことを短時間で理解しようと聞いてくれました。
だから、初対面なのにずっと前から知ってる人みたいな感じがしました。
他の人の感想を読んでいてそれほどの親近感を謎に感じていました(笑)京介さんはそんな素敵な方です。

色々お話聞いてもらってる間にいつの間にか緊張は溶けてきました。
自分でも反省してること、自分でわかってる悪いところを何度突かれてとても痛かった。心が。
そんな中にも私を認めてくれる言葉をたくさん投げてくれて嬉しかったです。

というか、私言うほど悪いことしてないと思うんですけど…だからかな?痛いけど、これってかなり軽めなんだろうな~って思ったり。
それでも怖くて怖くてお説教始まる前から座り込んじゃったけど、すごく優しい方だなって思った。

加減してくれてるのがよくわかりました。
これって、本当に軽いんだろなってずっと思ってた。けど、痛かった(笑)
何度も逃げたり手出したり。でも 、反省し なきゃって気持ちもあるから本気では抵抗できなかったり。
あの瞬間はなんか複雑でした。

普段から自分のことをあんまり言葉にはできないことが多いけど、たくさん甘えさせてくれてとっても嬉しかったです。
ただのかまってちゃんなのはここに来る前からずっと自覚してたけど、人からそうは思われたくなくて、ほっぽり出される日が来るのが怖くてあまり人に色々話せない私ですが、ここならきっと全部受け止めてくれる。
道に迷っても、一緒に解決までの道のりを考えてくれる、導いてくれる。そう思いました。

お酒って、20歳前に飲んでる人の方が多いでしょ…そもそも親が勧めて来るし…って思ってたから、抱っこしてもらってたのに突然お仕置きモードに うつったのは不意打ちでした…。
色々な話を引き出す中に出てきた、ぽろっと出てきた事実も見落とさないんだな…と(笑)
そう考えると実の親以上に親かもしれないって思った。

もう一回壁作ったら?の言葉はすごく新鮮でした。
なるほど…ってなりました。
依存の対象が京介さんに移ってしまいそうでなんか怖いです(´・_・`)
それだと成長じゃなくてただの対象転換…?って思ったり思わなかったり…(笑)考え始めるとキリないです(´;ω;`)

とりあえず反省した内容を行動に移せるよう頑張ってみます。
またダメになったら行ってもいいですか?






京介コメント

まなかさんは物心がついた幼稚園時にはすでにお仕置きという言葉にキュンとしていたそうです。
しかしそこらへんのきっかけやお仕置きについてのことを聞いてもよくわからないそうで、何も言葉出てきませんでした・・・。
かなり人見知りオーラが出ていて恥ずかしいのか頭が真っ白なのか、はたまた本当にわからないのかは不明ですが、そこの追及は諦めました(笑)

ただ、人見知りとはいえ、行動力は半端ないのかもしれません^^;
というのは最初のメールから実際会うまでの最短記録だからです、、、私の記憶が正しければですが^^;
初メールから2日、厳密にいうと1日半ほどで、いつくらいからブログを見始めたのかを聞いてみると「4日くらいとか」という返答^^;
しかもお仕置きは初めてですからね、、、まぁそれだけモヤモヤが大きかったんでしょうけど^^;
メールの内容も詳しい話が全く無く、気持ちがいっぱいいっぱいだからという感じでお仕置き依頼をしてきました。

まなかさんの話を聞いてみると人間関係での悩みのようでした、お仕置きというよりも悩み相談のような感じでしたね^^;
その人間関係の悩みのせいで、自分がいっぱいいっぱいになったり、バイトではイライラしての八つ当たりを繰り返し、負のスパイラルでどんどん悪い方向に行き、最近では自分自身が相当病んでいることに気づいてきたようです。

特にこれといった悪いことをしたわけでもないのですが、このままでは本当に心の病気になってしまいそうだったので、物事の捉え方、考え方、心の整理の仕方などを話しました。
そして、結局は人間的に未熟な考えだし、もっと大人になりなさい、という自制、自立の意味でお説教をし、お仕置きとなりました。

「お仕置きするから」といった瞬間、「トイレ行きたい」といいだし、それはよくあることなので普通に行かすと、なかなか帰ってきません^^;
覗きに行くわけにもいかず5分くらい待っているとようやく戻ってきました。
怖くて座り込んでいたようです^^;

戻ってきたのはいいのですが、今度は座り込みです(笑)持ち上げようとするのですが、かなりの力で拒否し、初めてということもあって、あまりにも強引にすると怖がってしまうかな、とかいろいろなことを考えながらうまく誘導し、何とか膝の上に乗せました^^;

まずはスカートの上から平手でお尻を叩きました。
まなかさんは無言です^^;
そしてスカートをめくった瞬間、またもや力づくで座り込んでしまいました。
私もすでに叩き始めていたので今度は強引に膝の上に乗せなおし、スカートをめくってお尻ペンを続けました。

そして下着を下ろそうとすると、恥ずかしいのでしょうが、またまた本気の抵抗です^^;
それは予測済みだったので、がっちりと押さえつけて、下着を下ろして生尻に直接平手で叩きました。
皮膚がかなりかなり弱いらしく、そこまで強く叩いていないのにもかかわらず結構な内出血状態になっていきます。
本気で叩き続けたら平手でも普通に血が出るんじゃないかくらいの感じです^^;

立ち上がらせ、テーブルに手をつかせたところで道具入れからケインを出すと、またまたまなかさんはしゃがみ込んでしまいました。
怖気づいたのはよく伝わってくるのですが、そこで終わりにはできません。
どうもこうも拒否するので、お尻の皮膚も弱いこともあり、ケインは10回ということを伝えると、やっと体勢を作ってくれました。
ケインは8割くらいの強さで叩いたのですが、一発一発かなり痛そうな反応で、必死で痛みに耐えているのが伝わってきました。

そして場所をベッドに移動して、まなかさんに「おいで」というと、下着をあげて寝転んできます。
お仕置きが終わったとでも勘違いしたのでしょうか(笑)
そのまま膝に乗せようとすると戸惑った感じでしたが、もう遅いですね^^
膝の上に乗せてまた平手でお尻を叩きました。

そしてある程度叩いたところで、残り100回を宣告しました。
すると本気で嫌だ嫌だと嫌がってきます。
といっても100回は宣告済みなので、そういう声は聞くわけにいかず、平手で叩き始めました。
しかし最初の10回くらいでまなかさんは痛みで体勢を変え、平手で叩けないようにしたので、また1から叩き直しです^^;

今度は順調に叩いていたのですが、やはり途中またよけたり手を出したりです・・・。
まぁそこらへんは大目にみていたのですが、最後に残り10回といっているのにも関わらず、拒否をしてくるので更に10回を追加し、20回を叩き、今回のお仕置きは終了しました。

8割程度の平手でのお仕置でしたが、お尻はかなりひどい状態になってしまってました。
かなり皮膚が弱いんでしょうね・・・。
これで気持ちの切り替えをして、今後少しでも気持ちが楽になればと感じました^^




                     戻る