お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

えま 年齢:20代半ば お仕置き経験:無し 彼氏:有り パートナー:無し


京介さん

今日はありがとうございました。
遅刻してしまったこと、そしてすぐ連絡を入れなくてご迷惑をかけてしまったこと、本当にごめんなさい(>_<)

移動中、急げばなんとか間に合うんじゃないかと思い、必死でした(^^;
その間ずっと怒られる、怒られると泣きたくなる気持ちでした(>_<)

待ち合わせの駅に着いてすぐ京介さんだなってわかりました。
一瞬怖くて顔を背けてしまいましたが(^^;
服装や印象は皆さんの感想を読んでいたのであんまり怖い感じはありませんでした。
顔が親戚のおじさんに似ていて、若干親近感わきました(^^)

部屋に入って京介さんと話してて、私どんだけ 構ってちゃんなんだーと思いました(^^;
口が悪いって話になって、自分で自覚してないって言った時の京介さんの顔がめっちゃ怖かったです(>_<)
それまではニコニコで話聞いてくれてたのに…

反省内容のこと、うまく伝えられなくてごめんなさい(>_<)
トイレに立ったとき、戻ってきたらお仕置きだぞって言われて…
このままトイレから出たくなかったです……(>_<)
大人になってから叩かれたことなんてなかったからどんだけ痛いんだろう(>_<)…
怖いけど、でもちゃん反省したいなと思いながら渋々トイレから出ました……

お説教は、すごい胸にしみて、反省しました。
けど普段あまりしない正座ですぐ足が痺れちゃって…(^^;
お説教後半はあんまり聞いてなかった…(^o^;)
そんな時京介さんの顔みたらめっちゃ怖い顔してて(>_<)…
ばれてたのかな(-_-;)?

で、いざ叩かれるってなったらすごい怖くて(>_<)
必死で抵抗しちゃいました!
無理やり膝に乗せられて、ああ叩かれるんだって思った時、一回没収されたぬいぐるみをまた持たせてくれてちょっと安心した…

でもやっぱりおしり叩きは想像してたよりすごい痛くて痛くて(>_<)
多分、手加減してくれてるんだろうなっていうのは伝わってきましたが、それで もすごい痛かった(。>д<)
いっぱい暴れちゃいましたね(^^;

場所を移動して叩かれてもすっごい痛くて(>_<)
痛いってこうゆうのを言うんだよとか、ラスト10回の時は半端なく痛くてまるでおしりを刃物で切られているかのようでした(-_-;)…

なかなかごめんなさいが言えなくてごめんなさい(^^;
なんかごめんなさいってちょっと
苦手です(-_-;)

お仕置き終わったあとはいっぱい甘えられて嬉しかった♪
けど、もっともっと甘えていたかったよ(>_<)

待ち合わせで遅れたこと、素直にごめんなさいしたのにまさかまた叩かれることになるとは…(-_-;)
でも、早めに連絡しなかったのごめんなさい…
反省してます……

仕事のことも、
今、この仕事ができていることや、周りの人に感謝して、しっかり自覚をもってやります!

ラインは時間を決めて、ちゃんと睡眠をとる!
ゲームも、次の舞台が終わるまではやらないよ(^^)
次の舞台が終わってもちゃんと時間を決めてやるようにします!

今日は本当にありがとうございました(^^)





京介コメント

えまさんは私は小学1、2年生くらいからお仕置きに興味を持つようになり、そのきっかけはある日学校で、悪さをしたクラスの男の子が皆の目の前で先生にお尻を叩かれて、それを見た衝撃からだったようです。
小さい時から悪さをすると母親から「おしりペンするよ!」と言われ続けたとのことですが、これまで叩かれることも目撃したこともなく、この時の学校での出来事を境にお仕置きに興味がわき 、「お尻ペン」という言葉にドキドキしていたそうです。

この頃から勝手にお仕置きを妄想しては心の中でワクワクしてしまい、その反面そんな自分は変態だとずっと思ってモヤモヤしていたそうです。
これはキーさんなら一度は悩み苦しんでしまう部分でもありますけど、その根本は愛情を得る手段ですから変態ではなく私からすれば正常なんですけどね^^
そして2,3か月前にスパの世界を知り、私のブログを見つけ、同じ思いで悩んでいる人がたくさんいるんだとわかり、少し心が救われたそうです^^

今回の反省内容は集中力がいまいち発揮できなくて、取り掛かり始めの仕事がおろそかになってしまったり、友達との約束のドタキャンが増えてしまっているとのこと。
その原因を追究し てみるとそのゲームやラインの影響での夜更かしがあったようで、その件についてお説教しました。
お説教中、大事にしている小さいぬいぐるみをいじりながらきいています^^;まるで子供のようでしたね。
そしてお仕置きです。

えまさんはお仕置きが初めてのこともあってか、急に嫌がり抵抗します。
そんなえまさんを強引に膝の上に乗せ、服の上から叩くと「痛い痛い」と大きな声で叫び、そして抵抗をします。
「え?服の上からで、しかも力を入れてないのに???」と思い、大げさな子だなぁと思いながらスカートをまくるとそこにはアニメ柄の毛糸のパンツ^^;
更にそれを下ろすとまたまたキャラクターもののパンツでした^^;

生尻を叩くと更に痛がり大きな声で叫ぶは泣 くはでかなり手間取りましたね(汗)
その後も素直にお仕置きを受けようとしないので、お守りのように大事にしている小さなぬいぐるみを取り上げてみると子供のように取り返してこようとします^^;
手の届かないところにぬいぐるみを置きお尻を叩きを続行しました。

お尻は皮膚が弱いみたいですぐに真っ赤っかで多少の内出血もみられましたが、大げさではなく痛かったんでしょう^^;
それでも力的には50%くらいの加減で叩いているので平手でのお尻ペンを続けます。
場所を移動して体勢を変えたり、ベッドの上に移動しましたが、いつまでたってもえまさんは抵抗するし騒いで泣いています。
加減をしているのに「痛すぎる!」というので、私は「痛いのはこういうことを言うん だよ」といって思いっきり平手で叩いて今までの甘々はペンを実感させたりもしました^^;
最後100回を宣告、それを強引に納得させて叩き、最後の10回は、えまさんの怠け心を払しょくさせるように力を込めて叩いて、しっかりとごめんなさいが言えたのでお尻叩きを終了としました。

泣いているえまさんでしたが、お尻を出した状態で立たせて反省をさせました。
しかし勝手にスカートをおろしてしまったので、追加のペンを数回したのち、おろさないようにと念を押し私はトイレに。
トイレから帰ってくるとまたまたおろしているので今度は肩にのせて連打でお尻をペンをしましたが、ごめんなさいが言えたのでお仕置きは終了としました。
終了といってもその後に今日の遅刻の件で追加のお 仕置きを軽めにしましたけどね^^;

性格も下着もお尻も子供のようなえまさんでしたが、騒ぐし、泣くし、抵抗するし、言うことは聞かないしのお仕置だったので手間がかかりました^^;
これもお仕置き初体験だからしょうがないのかもしれませんが、次回があるならば、厳しく厳しくしっかりとお仕置きを受けられるようにしないとですね^^

えまさんは、仕事は完ぺきにこなしたい、そんな思いのかたまりのような子なので、これを機に気晴らしという欲に溺れないように自制し、自分の納得のできる仕事ができるようになってもらいたいものです^^






                     戻る