お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

ひろか 年齢:10代後半 お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し


京介さん、昨日はありがとうございました。

えっと、第一印象は緊張してて顔を見てなかったから分かんないけど、怖そうではないなって思った気がする。
メールの内容を説明する時は緊張したけど、途中で止まってもちゃんと聞いてくれてたから話しやすかった。

私がしんどかったことは認めてくれて、そこから先に進むためにどうしたらいいか、みたいなことを話してもらえたから嬉しかったし、そういう風に受け入れればいいんだなって分かった。

受験のことは、もうモチベーションとか気にしてる時期じゃないし、危機感が無さ過ぎるって言われて、その通りだなってすごく感じた。
勉強しなきゃとは分かってるつもりだったけど、逃げてたんだなって自分でも思った。
正座してお説教だったけど、冷静に諭してくれてるって感じで怖くなかったし、ちゃんと内容が理解できたと思う。

お仕置きは、えっと、手で叩かれててもすごく痛くてびっくりした。
姿勢をいろいろ変えられたけど、毎回全部痛かった。
痛すぎて、痛いとやだしか言ってなかった気がする。
でも、努力しなかったら、落ちたらこの程度の痛みじゃ済まない、みたいなことを言われて、本当にそうだなって思えた。

最後50回、って言われて痛いしもういいって思ったけど、結構すぐに後10回、って言ってくれた気がする。少なくしてくれた?

終わった後は、抱きしめてくれたり撫でてくれたりして、嫌じゃ全然なかったんだけど、そんなことされた記憶もないし、どうしてたらいいか分からなかった。
でも、いっぱいたくさん抱きしめてもらえて、甘えるってこんな感じなのかって思えた。
暖かいし、安心できる感じだしすごく嬉しかった。
最後の方はけっこう甘えられるようになってたかなって思う。

ずっとなんとなく寂しくて、でも一人で頑張らなきゃ、って思ってたんだけど、いっぱい甘えさせてもらえて、すごく満たされた感じがした。
完全にエネルギーが充電された感じだし、頑張れそうって思えたよ。

本当にありがとう!!

言われたこと思い出して、たくさん頑張るから、応援しててね!!





京介コメント

ひろかさんは重要な試験が間近にもかかわらず、モチベーションが上がらずに勉強に集中できないという理由で人生初のお仕置きを受けに来ました。

小学生のころからアニメなどを通じて、お仕置きシーンを何となく見てしまうという程度でそこまでお仕置きに対して執着というものはなかったそうです。
意識し始めたのはお仕置きの小説がきっかけで2年ほど前だそうです。

それでも実際にお仕置きをするスパという世界があるとは思っていなかったそうです。
小説などで読んだことはフィクションの世界だと思っていたところ、最近になってサイトの存在を知り、お仕置き欲が膨れ上がり、勉強も手につかないようになり、また試験も近いことからお仕置きを受けたいと決断したようです。
その他にも家族との問題があり、これがかなり深刻な状況であったため、それについてもいろいろとお話をしました。

お説教では、家族のことに関してはひろかさんには酷なのですが、すべてを受け入れてひろかさん自身が成長するようにといろいろな視点からお話をしました。

そして勉強に関しては、危機感がなさすぎること、家族の問題にもかかわることでもあり、今やらなければ後悔することは目に見えていることから、勉強の段取りや方法について約束をし、自分を律するため、自制するために厳しいお仕置きをすることを宣言しました。

これまで叩かれた経験のないひろかさんでしたが、遠方から来ており、こちらにもなかなか来れないこともあり、本人からも厳しくお願いしますとのことでした。
まずは平手でのお仕置きです。

膝の上に乗せ、スカートの上から叩き、そしてスカートをまくって叩き、その後下着を下げてのお尻叩きです。
その後、場所を移動して、体勢を変えてのお尻叩き、そしてケインでのお仕置きへと移りました。
さすがにケインは痛すぎるのか、「やだ、もう無理」と何度も何度も訴えてきましたが、厳しいお仕置きという事なのでここで許すわけにもいかず更に叩き続けました。

そして極めつけはケインの連打です。
さすがにケインでの連打には耐えることができず、逃げるように体勢を変えてしまいました。
ケインでも十分に叩いたので、平手に戻って更に叩き、最後に50回を宣言をし、お仕置きを終了しました。

本人は少なく感じていたようですが、間違いなく50回は叩きましたよ^^
そしてラスト10回はフルの力で叩き、お仕置き終了となりました。
初めてのお仕置きにしてはずいぶんと厳しめにお仕置きをしてしまいました^^;




                     戻る