お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

いよ 年齢:20代半ば お仕置き経験:1人 彼氏:無し パートナー:無し


京介さん

今日はありがとうございました!ダラダラと長文になってしまいましたが、感想を送らせていただきます^^

あまりイメージを持たないで来てほしい、というようなことがブログの記事にもあったので、極力先入観を持たないように、無心になって待ち合わせ場所に向かいました。
が、会ってみたら…想像通りでした!(イメージあったんかい。)

優しそうだけど力強い男らしさがあって、何より信頼できそうな雰囲気。
その印象からか、会ったばかりの人の車に乗るなんて普段の私なら「変なところに連れて行かれるんじゃないの…?」と抵抗ありまくりだと思うのですが、今回は初対面でありながらも、家族の車に乗るような気持ちで自然と促されるまま車に乗っていました。

部屋に入ってからは、どうして私がお仕置きに興味を持ち始めたのか、一緒に探ってくれてありがとうございました。
今までは「どうしたらお仕置きを考えるのをやめられるんだろう」ってことばかりを一人悶々と悩むだけでしたが、過去を遡ってまで考えることはありませんでした。
でも京介さんは過去の話をもとに私が求めてきたものをちゃんと見つけ出してくれて、今、良い意味で開き直れています。

正座でのお説教は怖さもありまし たが、それよりも恥ずかしさが勝っていました。
面と向かって叱られるのも、お説教のために正座させられるのも初めてで、じっと上から見られて逃げられない感じが落ち着かず… もう、ただただ頷くことしかできなかったです。

でも、何故直さなければいけないのかを一つ一つ言葉にして言って貰えて、すーって心に入っていきました。
自分ではいけないって分かっていたつもりでも、本当に悪いとは思っていなかったんだろうなって思います。お説教→お仕置の流れは本当に理に適っていますね。
それにしても、「厳しく、って言ってたから厳しくするよ」って…私、そんなリクエスト出してなーい!!
…とその場で言えなかったのは、怖くて返事することしかできなかったからです^^;

ほかの方々も書いているように、お仕置きは平手の時点でしっかり痛かった。はじめはお仕置きされてもなかなか謝れないんじゃないかって心配していたのですが、ケインを連続で打たれた時は痛くて我慢できず、知らぬ間に謝りまくっていました。
心配する必要なかったです^^;

道具が終わったらまた膝の上で平手100回… それでも道具は終わったのでひと安心してたら、連続で早く叩いているのにすごく痛くて、「しまった!京介さんの平手は痛かったんだ!」と一瞬でも安心した自分を呪いました(気づくの遅い)。

コーナータイムの時、「反省してる?」って聞かれて「はい」って返事したら「今のことだよ、やったことちゃんと反省しなさい」って言われて、その時実は終わった安心感で何も考えていなかったので、「え、なんで分かるの!?」って 焦って反省しました^^;あれは見透かされていたのでしょうか…

その後はずっと抱いていてくれて、すごくすごく幸せな時間でした。ただ、お仕置き中よりもお仕置き後の方がS要素たっぷりだった気がします笑 答えたくないような質問をしてきたり、顔をぐっと両手で持たれたり、意地悪言ったり意地悪言ったり(協調したいので2度言う)。

ところで今回のお仕置き対象ではないですが、前回ほかのカーさんに叱られた反省内容を話したら「器の小さい女だな」って言われたのがグサッときました笑
でも率直に言ってくれたお陰で確かにそうだよねって納得しました。
あの言葉のお陰で、こっちの癖も直せそうです^^;
今だから言えますが、実はまだ完全には直せておらず…

今日は、やっぱり京介さんと出会えて良かった!と思えた1日でした。
ありがとうございました!これからも前向きに頑張ります。
また京介さんからパワーを貰いたくなりそうなので、その時はまたよろしくお願いします^^





京介コメント


いよさんは物心ついた時からお仕置きに興味があり、そのことについて何度も考えないようにしようと試みているものの、中学生くらいからお仕置き小説などを読むなど、お仕置き願望が消えない状態が続き、一度お仕置きを受けたらこの気持ちは消えるだろうと思い、今年に入って初めてリアルなお仕置きを受けたそうです。

しかし、そう簡単には行かず、そこからまた検索をしていたところ私のサイトを見つけて連絡をしてきました。
お仕置きに対しての今後の自分との向き合い方の相談も含めてということでした。

反省内容のほうは、このままではいよさん自身の人間性に傷がついてしまうようなことで、人としての評価を下 げてしまうような言動を繰り返していたので、それに対してお説教をしてお仕置きをすることにしました。

本人の感想では「厳しくしてくれとは言っていない」と書いていますが、それはお仕置き後に聞いて私もびっくりです^^;
私は確認の上で厳しくしているはずなので、当然その場でメールを確認しました^^;

確かに厳しくとは書いていませんが、「手加減しないで」というメールが来ておりそれは厳しくと同義語だという話を本人にして納得してたはずなんですけどね。

同義語以上に「厳しい」よりも「手加減無し」のほうが、より厳しいお仕置きというイメージだと思うんですけど・・・。


念のため、いよさんのメールの原文です^^;
「京介さん厳しそうだし怖くて逃げ腰になるか もしれませんが、手加減はせず、しっかり反省させてください(>_<)」

これは厳しくという意味でしょう?^^


ということで、厳しくするよって宣言して、本人も何も言わなかったので、まずはスカートの上から平手でのお尻叩き、スカートをまくってさらに数発、そして下着を下して叩き始めました。
その時点ですでに痛がっていたのですが、場所を移動して道具でのお仕置きです。

数種類の道具を使ったのですが、道具ではそれほど叩きませんでした、とても痛がっていたしお尻の状態もすぐに変化してきたのであまりたくさんは叩けないと判断したからです。
定規、ケイン、布団たたきを10発くらいずつ叩き、その後膝の上にのせて平手 でのお尻ペンをしました。

かなり叩いた後、あと100回を宣言して、そこは力を入れてお仕置きをしました。
しっかりとごめんなさいを言えて、もうしないということを宣言したのでこれでお尻叩きは終了としました。

お仕置き後のお話ではS要素が出ていたようですが、いよさん自身が突っ込みどころ満載だったため、ついついいじりたくなってしまったようですね・・・・^^;





                     戻る