お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

このは 年齢:20代半ば お仕置き経験:無し 彼氏:有り パートナー:無し


京介さん
昨日はありがとうございました。

朝のメールの返信が遅くてごめんなさい。行こうか行かないか迷って駅が近付くまで悩んでました。
駅での待ち合わせは、書かれていた通り真っ黒で、階段を登られてすぐに辺りを確認されていたのですぐに分かりました。(でも自分からは声はをかけられませんでした)
最初から緊張しっぱなしで何も話せなくて、しかも最後まで目も合わせられなかったのに、付き合ってくださってありがとうございます。

お部屋に入ってからは、緊張を少しでも和らげるために、怖いからかけないって書いてあった のになんでサングラスをかけていたんだろうとか、ガラケーだったとか、メーター大きかったとか色々頭で唱えながら座っていました。
なので、途中ちょっと頭に入っていないところもあったけど、理解できなくても行動すればいいって言ってもらえたのを帰ったらやってみようと思います。

あと、痛かったです。頭の中は落ちる!と痛い!を交互に叫んでました。
終わった後に軽くしたと仰っていましたが、嘘ですよね?
痛く無いから黙っていたんじゃないんです。痛くて黙ってたんです。
「他に無い?」って聞かれた時にはたとえ思い当たっても言えないくらいでした。
緊張で胃も同時に痛かったです。

終わった後は質問に丁寧 に答えてくださってありがとうございました。
自分が話すより話してもらっている方が、緊張が和らぎました。
矛盾していますけど、私の話よりも、できれば最初からずっと話し続けていてほしかったです。

もし次にお会いできたら、もっとお話を聞きたいです。





京介コメント

このはさんとの待ち合わせでは服装のイメージの人がいなく、かなり戸惑いました。
「全身ベージュっぽい感じで眼鏡」ということだったのにベージュのスカートの人はいても白のカーディガンだし、ずっと携帯いじってて素知らぬ顔だし、、、、メールをすると「改札前にいます」ということだったので、恐る恐る声をかけると、それがこのはさんでした^^;
も う少しわかりやすい説明をしてもらわないと^^;
これまで2回ほど違う人に声をかけたことがあるので最近はそれがトラウマで(笑)

合流して歩いているとこのはさんはかなり緊張しているようでおびえている感じでした^^;
メールでも人見知りで何もしゃべれないかもしれませんと言っていたのである程度は予測はしていましたが、声は小さいし脅えているようだったので、私は丁寧に丁寧におしゃべりをして緊張と解くように頑張ってしまいました^^;

このはさんがお仕置きを意識しだしたのは17歳位とのことでかなり遅咲きのキーさんです。
歴代の彼氏は全員優しすぎて、何でもすべてやってしまうほどの過保護。
でもその過保護すぎる部分が このはさんには理解できなくて少し不満を持っているようでした。
友達に話しても「愛されているんだよ、うらやましい」と言われるだけで、このはさんの自分でもよくわからないこの気持ちを理解してくれる人はいないようでした。

今回の反省内容は仕事を辞めてからの堕落した自分の生活についてでした。
ということでしたが、仕事をやめた経緯を聞いていくとその辞め方に問題があり、そのことについてのお説教がメインとなってしまいました^^;
本人もそういった目線では考えていなかったらしく私の言葉は心に響いてくれたようです。

そしてお仕置きです。
2週間後にエステがあるということでそれなりのお仕置きを希望してきました。
まずは平手でのお尻ペンです。
スカートの上から、そして下着を下してペンペンしますが、このはさんは声を出さずに我慢をしています。
力を入れると少しうめき声のようなものをあげる程度で基本は無言です…。

ただ、かなり皮膚が弱いようで平手で叩いただけで内出血っぽく赤くなってしまいます。
このまま続行していてはお尻の状態がひどくなり道具が使えないため、場所を移動してケインでのお仕置き。
適度に叩いた後、平手で最後100回を宣告してお仕置きを終了としました。

平手やケインの強さは中の強くらいだったので、このはさんには甘めといったのですけど、まぁ甘いお仕置きというか、お尻の状態で回数自体叩けなかったので時間的には短いお仕置きとなってしまいま した^^;
しかし、しっかりと反省はできたようなのでこれでいいでしょう^^






                     戻る