お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

ことみ 年齢:30代前半 お仕置き経験:無し 彼氏:有り パートナー:無し


京介さん、今日はありがとうございました。

最初の印象は、、、
思っていたよりこわそう。かな(^^;;
やだ~、帰りたい。どうやって帰ろ。でした。
どーしよう。なんでこんな遠くまで来ちゃったんだろ。そればかり考えてて、最初の話はよく覚えてません(^^;;

お話しも緊張しまくりでした。
あれでも頑張って話したつもりです。
私はずっと八方美人で笑顔を絶やさず生きてきました。
事前のメールの中で、もう疲れたのではないですか?とあって、思わずウルッときてしまいました。
今まで、悩みなくていいねー。毎日幸せでしょーとしか言われたことがなかったから、、
そう言ってもらえたことがびっくりでしたし、嬉しく思って、気がつけば連絡を取ってしまっていました。
勢いってこわい!
いろいろ話していて、小中頃の体験が関わっていることがわかりました。
その頃の記憶は捨ててしまいたいくらいです。

なぜか周りに男の子が寄ってきてくれるのも、私の曖昧な態度に問題があったのですね。
車で送り迎えしてくれる人やご飯食べさせてくれる人もいましたし。
ある人と食事して、違う人に迎えにきてもらうとかね(^^;;
今思えばとんでもないやつ!でしたが、その頃は、それでいいって言ってくれる男の子達なんだから、ま、いっかくらいにしか思ってませんでした。

今日は、もういい大人なのだから、今まで通りの人との接し方ではいけないんだとわからせてもらいました。
頭ではわかってるつもりですが、、、笑わないように頑張ります(^^;;

怖くて怖くて、やっぱりお話しだけと言いましたが、ほんとにいいの?と言われ、跡が残らないようにすると言ってくれたし、最初で最後と思ってお仕置きしてもらいました(^^;;
正座でお説教は、もっと怖いかと思ってたけど、そうでもなく、諭すように優しかったです。
そのあたりから、京介 さんが怖くなくなってきました。
そして、初めて叩かれて、、最初は結構平気かも?と思ったけど、どんどん痛くなって何も考えられなくなりました。
途中、手を止めて頭に手を置いてくれたのは、ほんとにほっとしました。
お願い通り、ひどく叩かれることなく、ありがとうございました^_^

その後、甘えさせてもらいましたが、ほんとにこれが知らない男の人なの?みたいにゆったりできました。
昨晩、緊張でねれなかったので、眠くなってしまったほどです^_^

最後にいろんな道具を見せてもらいましたが、平手で十分です(^^;;
細い棒は痛すぎです。
やっぱりお仕置き、してもらって良かったです(^^;;
優しかったからか、ひどく叩かれなかったからか、ま だもうちょっと叩かれたかったかな、なーんて。
もっと若かったら、また行っちゃうかもとなりそうでした。

今日は不思議な時間をありがとうございました(╹◡╹)   





京介コメント 

ことみさんは中学生の頃からお仕置きに興味があり、これまで誰にも言うことなくずっと心に抱えてきたそうです。
そんな中でも一度パソコンでお仕置きを検索し、SMサイトが出てきてしまい、気持ち悪いからとすぐに閉じたことがあったのですが、それを彼氏に見つかりSMに興味があると疑われてしまった苦い経験があったそうです(笑)
本人は性的な事が苦手で気持ち悪いと感じてしまう性嫌悪と呼ばれる部類の人なのにSMに興味があると誤解されてかわいそうですね^^;

今回ことみさんは、彼氏がいるのに言い寄ってくる男性たちを拒否できない八方美人なところを何とかしたくて私のところに来ました。
好きでもない人からメールが毎日きたり、以前工事に来た業者の人から何度もお誘いがあったりと、きっぱりと断れば問題ないことをそれが言えずにズルズルと引きずっているとのことでした。
まぁ一言で言えばそれはキャラの問題で、男の人を引き付けるような言動やしぐさが問題のような気がしました。
そこら辺を掘り下げて説明して、客観的に見たことみさんの印象を教えて上げ、本人も思い当たる節がたくさんあったようでいろいろと納得しているようでした。

今後はその人にメールの返信をしないこと、そして誘いにはきっぱりと断ることを約束させ、それにつながる弊害についてお説教をしました。
そしてお仕置きです。

今回は彼氏にバレるかもしれないということで、軽めのお尻ペンという事になりました。
軽めといっても痕があまり残らない程度に叩き、まぁ強いときは8割程度で叩いてみました。

平手で叩いていると、途中から泣き声が…。
こんなんで泣いちゃうのかぁとおもいつつ、これでやめるわけにはいきません^^;
更に叩き続け、ベッドに場所を移し、膝の上で叩き、うっすらとお尻が赤くなってきたところで100叩きを宣告しました。
最後にしっかりとごめんなさいも言えたのでお仕置き終了としました。

その後の雑談タイムでは禁止していたかわいい感じの愛想笑いを何度もしたり、一度決めたことをできるかなぁと不安がったりしていたので、そのたびに追加のペンをお見舞いしてやりました^^;
愛想笑いを禁止というのは、お説教の時に必要以上に単独男性に愛想をふりまかないということを約束させたからです^^;

最後にせっかくだからと道具をひとつずつ出して見せてあげている中で、ケインを経験してみようという話になり、ケインの体験をして今回のお仕置きは終了としました^^






                     戻る