お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

みみか   年齢:20代後半 お仕置き経験:5人 彼氏:無し パートナー:無し

最初緊張しすぎて、やばかった。。
あんなに喋れなくなるとは思わなかった^^;
本当はね、普段カーさんと初対面のとき、あんなに緊張することはないんだけどね。。
メールに書いた反省内容も、うまく伝えられなくて、ごめんね><

でも、いろいろお話してくうちに、お昼頃になって、やっと普通に喋れるようになったかな。
ご飯食べてちょっとしたあたりから、実は睡魔が襲ってきて^^;
睡眠不足だったのもあるけど。。
頭が重くなってきて、京介さんがまじめに話している時も、ちょっとだけ上の空だっとかも?
いや、ちゃんと聞いていたんだけどね。。
ま、お仕置き始まったら痛さで睡魔なんてなくなったけど。

お仕置き受けるの1年数か月ぶりだから、お尻弱くなっているのか
10発もたたかれないうちに、じんじんしてきて。。。
でも京介さんも手痛かったんだね。まだ修行中だそうで、、今回は運がよかったのか(笑)
平手のダメージはそんなに、てかんじだけど。
ただ、ケイン使い過ぎ!超痛いし、連打で叩くなんて。。。お尻今までにない凄い痣になったよ。。
腕も後ろで抑えらて痛かったし。肩関節おかしくなるかと思った^^;
体硬いからとか腕短いからだって言ってたけど、そんなことあるか!(笑)
抑えつけられてペンされる、って妄想ではいいけど、ケインは耐えられなくて
だいぶ暴れちゃったね。。そのせいか腕と胸のあたりが筋肉痛になったよ。。
最後の鞭はね凄い痛かったけど、なにより音が怖かった。
鞭が出てくるとは思わなかったよ。

お仕置き終わった後はね、一番リラックスしてお話できたと思う。
なかなか人には言えないようなことまで喋っちゃったし。でも引かないで聞いてくれて嬉しかったよ。
2個目の反省内容もね、自分自信かなりへこんだことだし、ちゃんと話そうと思ってたんだけど、
呆れられちゃうかなとか、いつ言おうかなって考えてたら、なかなか言えなかった。
でもあのまま黙ってたら全体モヤモヤしちゃってたから言えてよかった!

実はまだ完全には切り替えられていないけどね。。
切り替えて頑張ろうって思っても、すぐには難しいんだよね。。
また失敗しちゃったり、悩んだりしたら、話し聞いてね!
お尻は酷いことになったけど、、いっぱいお話できて楽しかったよ!ありがとう!!




京介コメント

みみかさんはめちゃ緊張していて、私がこれま会った人の中でも群を抜いていましたね^^;
顔がこわばり、こちらが話しかけても、緊張を解こうとしても、しばらくは蛇に睨まれた蛙状態。
歩き始めてもおどおどしてついてくるのでまるで私が軟禁し連行しているような雰囲気に…。
「これじゃ周りから見たら私はどう映るんだろう」と世間体をあまり気にしない私でも思うものはありました。
コンビニでは先に昼食の買い物をし、その時も二人の間は異様な雰囲気でした(笑)

ようやく部屋に入り、少しするとちょっとだけ緊張が解けたようだったのですが、あまりにも声が小さく聞き取れない。
まぁ緊張の証なのでしょうが、これだけ緊張してしまう人もいるんですね。

みみかさんは3年前に私にコンタクトをとっていたことがあり、その時はリアル経験なしだったのですが、今ではすでに5人のカーさんと会っているとのことでした。
今回の反省材料の話をしても「みんながやっているから」」「上司も黙認しているから」と悪びれる様子がなく、ただ不安は今後の査察で自分の責任を追及されるかもしれないということだけ。
「皆がやっているからって一緒になってやることはない、もうやめなさい」と諭してもなんだか煮え切らない。
しかもみみかさんが関わっている仕事は何か問題が起きた場合には大変な事態になってしまうようなものです。
だからこそ細かい規定が決められているのです。
それなのにそれが面倒だからと省いてしまうことがあるようです・・・。

いつまでもうだうだとしているので、周りがしていたとしても流されずに自分自身は決まりを守ることを約束しお仕置きを始めました。
お仕置きを始めてもごめんなさいをなかなか言わないので、平手からケインに変えて叩いているとようやくごめんなさいが言えました。
後でそのことを聞いてみると
「最初からごめんなさいを言ったら面白くないじゃん」
とのこと。
あれだけ緊張していながらこんなこと言うのかい!と自分の中でツッコミを入れながら、それと同時に
「んー、、、そんな風に受け止めている子もいるのか~」となんだかちょっと虚しくなりました。
過去のメールではリアルの経験なしということで、初々しく、ドキドキ感が伝わる内容のやりとりでしたが、私が活動休止の間にここまで変わってしまうとは。

お仕置きが終わり、その後のお話の途中、更に重大なミスがあり、それは他人を不快にさせるというレベルのものではなく、一歩間違えば取り返しがつかなくなるような重大な内容でした。
どちらかというとこちらの方がお仕置きとしては必要な内容だったので、すぐに再お仕置きを始めました。

お尻はまっかっかだったのですが、更にケインで叩きました。
手でかばえばかばうほどケインを連打したりお尻の下の方を叩いたりとお仕置きを続けました。
何度も姿勢を崩しなかなかお仕置きを受けないで嫌々していましたが、今考えてみると、それも考えてのことだったのかもしれません^^;
先ほどのお仕置きよりもさらに厳しくするために本来は初めての人には使うことの無い特殊な「鞭」を使用し、更にお仕置きを続けました。
結構厳しいお仕置きを受けたこともあるとのことだったのでまぁ許容範囲でしょう。
最終的にはかなり効果があったようで、しっかりと反省できたようでした。

お仕置きが終わり、帰り支度をしていた時に今回のことを再確認したところ、ちょっと後ろ向きで大丈夫かなぁという印象を受けました。
まぁ職場自体、ストレスのかかる環境で、人間関係も大変なようなので、それは仕方ないのですが、私から見ても待遇がいい職場なので、頑張ってほしいと伝えました。

しかし、そういった環境で我慢して働くよりも本当はもっと大切なことはあります。
我慢は必要ですが、本当に無理であれば自分に合った職場を選ぶ。
心を壊してしまったらその修復に時間がかかります、下手したら一生引きずります。
そこまで働くことに執着しなくても私はいいのではないかということを最後にみみかさんに伝え、さよならしました。









                     戻る