お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

みなこ 年齢:20代前半 お仕置き経験:5人 彼氏:有り パートナー:無し


今日は有難うございました
言いませんでしたけど、本当は昨日緊張であんまり寝られなかったんです。

会ってみたらイメージと全然違っていて、驚きました。
全身真っ黒の服でサングラスも黒でもっと威圧感たっぷりの人だと思ってました笑
服は黒だけどサングラスは黒じゃなかった(._.)

終わってみて感想を率直に言うと、本当に改善できるのかな、って思ってしまっています。すみません、、
京介さんは話を親身になって聞いてくださったと思うし、お仕置き自体も厳しかったと思うんですけど、どうしてもまた同じことをしそうですごく不安です。
ペンされてる時は痛いし嫌だって思うんですけど、直さなきゃっていう風には思えなくて。

感情的な面がある話だからかな、って思うんです。
今もお尻は痛いですけど直せるように努力しよう、とは思えてないんです。
また同じことをやってしまいそうです。
すみません。
何であんな痛いお仕置き受けて、改善しよう、って思えてないのか自分でもよく分からないんですけど、どうしても思えないです。

それと、京介さんの平手はあんまり痛くなかったです笑
道具はめっちゃ痛かったです
今まで定規と靴ベラとヘアブラシしか経験したことなかったし、今回もあんまり道具で出てこないだろう、って勝手に思ってたのに道具めっちゃ出てきて、本当にケインの連打とかは本当に本当に痛かった、、、
ベルトも鞭も一回だけだったけど、本当に泣きそうでした、、全然痛そうに見えないのに>_<

今お尻がすごいことになってて座ると痛いので、この痛みで反省して改善しよう、ってなるのかな。
今のところ出来そうにないですけど笑

あと、メールでNGなこと言ってたのに把握されてなくて、私が言って携帯見返していましたけど、出来れば始めから全部把握してもらえていると嬉しいです。

今日は有難うございました
またお願いします(^ ^)!




京介コメント

みなこさんは中学生くらいからお仕置きに興味を持ち、ネットで検索するようになったそうです。
今までМなのかな、でもそうじゃない気もするという感じて悩んでいたところ、スパの世界を見つけて、自分がキーであることを自覚したようです。
今回は彼氏に対して感情的になってしまうところを反省したくて連絡と取ってきました。
最近はエスカレートをして、彼氏に物を投げたり殴ったり蹴ったりしてしまうとのことでかなり重症のようです…。

その彼氏には自分がキーであることをカミングアウトしており、たまに叩いてくれるものの、カーではないのでうまくいかないとのことでした。
そしてなんと、今回私のところに来るのは彼氏に言って許可を取ってきたとのことでちょっと驚きでした^^;

詳しく話を聞いてみるとちょっとしたことで感情的にはなるものの、物を投げる時は投げても大丈夫なものかどうかを判断してから投げ(笑)、しかも足元を狙って彼氏に当たらないように投げたりとちょっと可愛らしい一面もありました^^;
極めつけは、頭にきて近くにあったものを取って投げようとしたらそれがドレッシングで、「あ、これはヤバイ」と思ったみなこさんはそのままそのドレッシングをテーブルに置いたそうです^^;
それを見た彼氏さんは思わず笑ってしまったようで、、、。
重症かと思ったらまぁまぁよくある光景かもしれませんね(笑)

殴る蹴るといっても殴る場所は顔ではなく腕だったり、蹴るといってもローキックのようなものではなくて女の子がするような向こうに押してどかすような感じだそうです^^
キーさん特有の構ってちゃんが原因で、彼氏が寝てしまったり、自分を優先してくれないようなときに駄々をこねるというただの子供なだけだったんですね^^;

とはいっても人に対して物を投げたり、暴力をふるっていいわけはありません、自分の意思を通すために暴力に頼るのは子供のそのものであり、それを大人になってもするということは反社会的です。
これは一種の強要や脅迫ということにもつながりますからね。

身内だから許されることでもそれは立派なDVで、そこは大人として直していかなければなりません。
唯一の救いは本人がこの行動をとってしまった後に強い罪悪感を感じることです。
そういう気持ちがなければ直りませんから、その心は大切にしてほしいと伝えました。

お説教をして、これまでの彼氏に対する数々の暴力を清算するためにお仕置きです。
膝の上に乗せまずは服の上から叩き、スカートをまくり、そしてパンツを下してお尻ペンをしていきました。
「痛かったら痛いといってもいいよ」と言ってあったのですが、痛いとは一切言いませんでした^^;
それでも自分のやった罪悪感は凄く感じていたようで、叩かれながら泣いていたようでした。

場所を移動し、ケイン、物差し、パドル、ブラシと次々に道具を使用すると痛いとはいうものの、ごめんなさいは言いません。
「ごめんなさい言うまで叩くからな」と宣言するもののいっこうにごめんなさいを言いません。
頑固で意地っ張りな性格だと感じ、そして道具だとお尻がもたないような感じになってきたので、平手で強く叩き続けるもそれでもごめんなさいを言いません、私は汗だくになりながら叩いているのにです(笑)

しょうがないので再度ケインを持ち出し強めに連打をしてみるとようやく「ごめんなさい」がいえました。
「反省してる」と聞くとまた黙り込み、さらにケインの連打をすると「ごめんなさい」と返事をします。
ここまで私を困らせたのもあり、「どうせ口だけなんだから」といい、更に連打です^^;
ごめんなさいを言う時は可愛いのですけどね、ただそれは痛みを回避するだけだからなんでしょう、すぐにむくれた態度をとります^^;
そんなことを繰り返し、最後に50回を宣告してお仕置きを終了としました。

お仕置き後、「平手ぜんぜん痛くなかった」とケロッとして私に言ってきます…。
あれだけ力を込めて叩いたのに何言ってんだこの子はと思いつつ聞いていたのですが、「彼氏のほうが痛いよ」とのこと^^;
彼氏にはたまに叩かれているとのことですが、そんなに痛いんだと私もびっくり。
私自身みんなに平手は痛いといわれ続けていたのでその彼氏はどれだけなんだろうと興味を持ってしまいました(笑)
しかしそんなことを言われてしまっては私のプライドが・・・、今度は私の方がモヤモヤが残ってしまいました^^;

その後の話の中でまたまた反省していないような口調となったのと、平手は痛くないといわれてしまったのでそういう後押しもあり、鞭で一発叩きました^^;
その後、またまた反省できていないようだったので今度はベルトで一発^^;
おかげで私もすっきり(笑)

鞭もベルトも本人に許可済みですからね、誤解のないように・・・^^;






                     戻る