お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

みりあ 年齢:20代後半 お仕置き経験:3人 彼氏:無し パートナー:無し


今日はありがとうございました。

依頼のメールを送ってからお会いするまでの期間が2日と短かったのですが、当日を迎えるまでの間、猛烈に緊張してしまっていたので、ドキドキの期間が少なく済んで良かったかもしれません(笑)

あまり先入観を抱いてはいけないかなと、京介さんのイメージ像は作らないように…とは思っていたのですが、他の皆様の感想とかを見ていて、自然に恰幅の良さそうなイメージを持っていたようで、お会いした第一印象としては「意外と細身な人だな」でした。無駄なお肉はついていない、締まった感じ?

移動中もお部屋に着いてからも、持ち前 の人見知りとコミュ障が本領を発揮してしまい、なかなか上手くお話が出来ませんでした…
普通の雑談の時もなかなか言葉が出てこなかったのですが、反省内容に入ったら緊張感も最高潮で頭が真っ白になってしまい、訊かれた事・自分の事がわからなくなり、グルグル状態。
それでも何とか反省したい内容を告白でき、京介さんに向かい合うように正座に。

憧れていたシーンではあるものの、恐~い雰囲気になってきて目を見ることが出来なくなる私。
というか、何処に目を置けば良いか分からず、視線が泳ぐ…。
でも、お説教の内容は凄く頭の中に入ってきていました。
あまり上手く反省内容を伝えられなかったと思うのですが、その中から私の心の中のわだかまりを的確に汲み取り、ビシッと指摘して下さいま した。
普段は素直に人の話を聞けないタイプなのですが、スーッと心に入ってきました。

胸に刺さるお説教の後、遂にお膝へと呼ばれ、お仕置き開始…
本当に平手かと思う位、衝撃と痛みが襲ってくる…!
ハイペースで同じところを何度も何度も叩かれるのが本当に辛く、モジモジしてしまう私。
場所を移動し、今度は道具で叩かれる。
いつどの道具が使われたのか、途中で分からなくなったけれど、ケインの連打は一番嫌でした。
立った状態で叩かれるのも苦手だったので、耐えてる間は手汗が半端なかったです。
そして痛みに耐えるのに必死で、気付けば大事な事を言っていなかった…

「ごめんなさい、が出てこないってことは反省していないの?」
はっ!Σ(; ゜Д゜)イエイエ滅相もございません。
慌てて謝るも、やっぱり痛くてなかなかちゃんと謝れず…
そしてお仕置き前に「試しに叩かれてみたい」と言ってあった、サイトでちょこちょこ登場している鞭。
パッと見、あまり威力も無さそうに見えたので見くびっていたことを後悔する程度に痛かったです。
お試しの割に、なんか沢山叩かれたし…
(お仕置き後に追求したら、「止めてって言わなかったから」みたいな事を言われて、え~ってなりました。言ってたら止めてくれたの?凄く嫌と言うわけではなかったから、必死に耐えてしまった…)

その後も色々な体勢で叩かれ続け、最後の百叩き宣告へ。
終わりが見えてホッとしたのも束の間、強すぎる平手の嵐に心が折れそうになりました。
体が吹っ飛ぶんじゃな いかと感じるレベル…失禁するかと思った(笑)

反省タイムが終わり、甘えタイムへ。
「今日で罪は精算したんだから、もう気に病まなくていい」と言ってもらえて、ずっと心の中に重く引っ掛かっていたものが取れた気がして、ちょっとウルウル。
明日からまた頑張ろうと思えました。
ズルい事は考えないで、信頼される仕事をしていきたいです。

雑談中、まさかあのタイミングで叱られ、再びお仕置きが始まるとは思わなくてビックリ!
自分が意識していない悪い事で叱られるシチュエーションって憧れていましたが、こんな形で実現してしまうとは…(笑)
でも、親身になって諭して貰えて嬉しかったです。
これからどうなっていくか分かりませんが、気をつけます。

最後に、お仕置きの強さに 関して。
「しっかり反省したいので、お任せ~厳しめで」とお伝えしていて、まさにリクエスト通りにしていただけたと思っています。辛かった…(笑)
もっと痛みで泣いちゃうかなぁと思っていましたが、そこまでいかなかったのはちょっと残念かも…?
初めてのお仕置きの時は、トォーズの連打でガチ泣きし、二人目に会っていた人からは布団叩きで数百回単位で叩かれて号泣していたので…
泣く程の痛みを与えられるのは嫌で恐いのですが、泣けることでスッキリする部分もあり…キー心って、難しいですね(笑)

今日の反省を活かせるように、初心に帰ってお仕事します。婚活の方も程々に頑張ります(笑)
京介さんの膝の上に呼ばれないよう、良い子でいられるようにしますが、万が一また何 かやらかすようなことがあったら、その時はまた宜しくお願い致します。
今日は本当にありがとうございました。




京介コメント

みりあさんがお仕置きに目覚めたのはいつ頃か分からないといっていましたが、中学校にはお仕置きワードを検索していたとのことでした。
きっかけもわからないとのことだったので探ってみると、小さいころからキーさん御用達のクレヨンしんちゃんや忍たま乱太郎等を好んで見ていたということだったので、おそらくそれが要因だったのではないかと推測をしてみました^^;

みりあさんはお仕置き経験はありますが、3年ほどブランクが空いていました。
お仕置き欲はネットの小説で抑えられるほどになっていて、たまに大きい波が来るもののそれはそれで何もアクションを起こさずに過ごしてきたそうです。
そんな中、今回は私のブログを見たと同時に大きい波が来て、迷いながらも連絡をしてきたという感じだそうです。

反省内容は仮病によるさぼりと、職場でついつい嘘をついて、自分をよく見せてしまうことということで、メールでの要望はお任せ~厳しめということでした。
みりあさんはこれまでのお仕置きではある程度厳しくされていたとのことだったので道具の使用を確認し、更に鞭を試してみたいとのことだったので、初めてでしたがある程度の厳しさで臨もうと思いました^^

お説教の後、膝の上に乗せて、平手でのお尻ペンをし、それから定規、ケイン、布団叩き、パドルと道具を使い、その後にご要望の鞭を使用しました。
鞭では痛がっているのは分かるものの、ギブアップする気配がないのである程度叩いてから最後5回を告げて鞭は終了としました。
しかし感想でも書いてあるように認識が違っていたようですね^^;
その後、また膝の上に乗せて平手で叩き続け、ある程度厳しく叩いたので最後100回を宣告し、力をさらに入れてフルでお尻を叩きお仕置きを終了としました。


PS.
みりあさんの感想では、痛みで泣けなかったのが残念とか、これまでの体験ではもっと痛くて泣いたとか・・・。
後からこういうことを言うのは後出しじゃんけんのように感じてしまいます^^ ;
それならそれで泣くまで叩いてほしいとか、かなり厳しくしてほしいとか、そういう申請はしてほしいですね(汗)
仮にかなり厳しくお仕置きをしたとしても、それでも手加減というものはしているわけですからね、それを厳しめという申請だけではそれは希望通りにはいかないでしょう^^;
でもこういう子たちは、「厳しく」は怖くて痛いという理由で最初には言えないらしいですけどね、後から言うもはやり逃げ(やられ逃げ?)のような気がして腑に落ちませんね(笑)






                     戻る