お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

ミヨン(韓国人) 年齢:20代前半 お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し


初めて会った時は正直ものすごく怖かったです。全身真っ黒だしサングラスかけてるし。
これからどこに連れて行かれるんだ・・・って感じでした。
でも、話をしていくうちにだんだん緊張は取れてきました。
わざと「緊張してる?」とか聞いてきてくださったり、日常の話なんかも降ってくださって、だいぶ助かった気がします。

私は今までスパの話を人としたことが全然なかったので、スパの話ができるということがすごく新鮮で、貴重でした。
リアル体験は全くせずにネットだけで生きてきた私にとって、本当にスパ好きな人って実在するんだと実感したのがそれが初めてでした。
ラブスパの定義も初めて知りましたし、スパを目的にした掲示板の話を詳しく知ったのも初めてです。
まだまだ自分の知らない世界がいっぱいあるんだなぁ・・・。

本題に入ってからは、今の状況をどう切り開いていったらいいか、どんな考え方で挑めばいいかを丁寧に話してくださいました。
その流れで、乱れてる生活習慣について話したら、お仕置きされる流れに・・・。
実は自分は遅刻も欠席も慣れすぎてる自堕落大学生でして、それが悪いことだっていうのを完全に忘れてたこともあって、
京介さんがお仕置きモードにシフトチェンジしてるのになかなかついていけなかったです(汗)

それで、京介さんの膝の上に乗って、いざお仕置きを受けるとなった時に体が完全に固まってました。
もうなんか、痛みをひたすら我慢する感じ・・・。
京介さんが痛かったら思いっきり痛がっていいって言ってましたけど、
私は昔から声を殺すことが習慣化してて、痛くてもなかなかうまく声をあげられなかったです。
でも京介さんがお仕置きのあとに「よく我慢したね」と言ってくださって嬉しかったです(*´ω`*)

お仕置きされたあとは、すごく反省もしましたけど、やっぱり「嬉しい」の気持ちが勝ってました。
スパのことをよく知ってる方に会って、お仕置きされるという体験をするのって、私の長年の夢だったんです。
その夢がかなってるんですから正直泣いてるところじゃなかったんです。
それに京介さんが予想以上に良い人だったのも嬉しさに影響してました(笑)

お仕置き されて一週間ほど経ちますが、今はちゃんと心の切り替えができて、結構うまくいってます。
辛くなった時とか、疲れて全部ほったらかしにしたくなった時、あの時京介さんが言った言葉を思い出すとなぜか頑張れるようになります。
誰かに言ってもらった言葉ってやっぱり強力で、自分自身の言葉よりも確実に記憶に残るんです。
相談してよかったな・・・って思ってます。
まだまだ遅刻癖はなかなか治りませんが・・・(汗)絶対に遅刻しないための必勝法を探さなきゃ・・・。

いろんな話もできて、前向きになれて、幸せな時間でした。





京介コメント

ミヨンさんは韓国から2年前に留学でやってきた大学生です。
スパの世界でのお仕置き経験はないのですが、小学校を 卒業するくらいまで母親にお仕置きを受けていたとのことでした。
小学生の時でも自分が納得さえしていればお仕置きもそんなに嫌ではなかったという、子供のころから目覚めきっていたキーさんです(笑)

韓国のお仕置き事情を聞いてみると、掲示板では中高生同士がパートナーを募集しているそうで、更には小学低学年レベルまでそのようなネットコミュニティが形成されていたそうで、子供たちが「お仕置きプレイ」をネットを通して行うことがニュースになり、騒ぎになったそうです。
また、学校では先生からのお仕置きが普通にあって、その方法はほとんどが棒で手を叩くというものらしいのですが、数年前に法律で体罰が禁止されてからはなくなったそうです。

そんなミヨンさんですが、小さいころ から日本のアニメが好きで日本語の勉強をしていたそうで、話していても同じ日本人と話をしている感じでびっくりです。
今回のこの感想も下手な日本人よりもしっかりと書かれていてビックリです(・_・;

今回は初めてのお仕置きということだったのですが、約束をドタキャンしたり遅刻したりしてしまうこと、そういったことで学生生活もだらだらと過ごしてしまっていることを反省したいとのことでした。

お説教では話をしっかりと聞き、「はい」と返事もできてるし、とてもしっかりとした子だなっていう印象でした。
まぁそうはいっても悪い子はお仕置きです^^;

膝の上に乗せて服の上からお尻を叩いた時にはさほど感じなかったのですが、スカートをまくって下着の上から叩いてみるとお 尻が小さすぎる^^;
パンツを下げて更に叩きましたが更にお尻の小ささが目立ちます。
まぁミヨンさんは小柄で細いこともあるのでそれは当たり前のことなんですけど、叩かれている姿を客観的に見ていると、もうその姿は子供そのものです^^;

その後ケインを使用したのですが、子供を棒で叩いているイメージを想像してしまって、なんかいけないことをしているような気分になってしまいました・・・・(笑)
まぁそうは言ってもそんなことでひるむ私ではありません(・_・;
最後は平手で100回以上叩き、しっかりと反省したようだったのでお仕置きを終了しました。

お仕置き後の会話ではいろいろなことを話しました、意外な一面や共通の嗜好もあったりしてあっという間に時間が過ぎて しました。
外国の方ではありますが、お仕置きを受ける気持ちは世界共通なんだなって改めて感じました。

これまでは中国、韓国と2か国ですが、どんどん国際交流もしていきたいなって思うこの頃です^^
北米、南米、欧州、アフリカ、ロシア等々、世界のキーさんたち、お待ちしてます^ ^




                     戻る