お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

りりこ 年齢:30代半ば お仕置き経験:無し 彼氏:有り パートナー:無し


今日(もう昨日ですね)は、ありがとうございました。
やっぱ、緊張しました。
会った瞬間、心臓が飛び出るかと思った。

薬の話や趣味の話をしてて、このまま楽しく時が経てばいいいな、と。
まぁ、それでは来た意味ないんですが。

仕事のこと、やっぱり話すのに時間がかかってしまいました。
ごめんなさい。

来る前に思ってたのは、闇の部分の事より仕事の報告の方が言いにくいな、と。
闇の事は、京介さんに会う前の事だけど、仕事の事は京介さんに叱られてちゃんとする、って約束したのにできてないから。

6月後半、自分としては、それなりに改善できてるし、まぁ、今の時点ではこんなもんかな、と思ってた。
店長との距離感、それ以外の人との距離感、両方が私にはちょうど良かったんですね。
どちらにも悪くは思われない適度な感じで。
でも、あのメールの後、いろいろ考えて、京介さんと関わった以上、このレベルじゃダメな気がしてきたんです。
やっぱ店長と同じようにしなきゃ、って。

先々、自分が店長も兼任するよ うになった時、今の店長のようにしなきゃいけない、せっかく店長が築き上げたものを壊したらいけない、でも私の性格、仕事のやり方としては無理だろうな、と。
そんな、いろんな事を考えてたら、京介さんと出会ったこのチャンスを活かせない自分が情けなくなって...
そんな気持ちだったから、なかなか言えませんでした。

すごく叱られると思ってたけど、そんな感じじゃなくて、いろいろ話せて良かった。
私が店長になった時は、自分のやり方でいい、って言ってくれたのも、すごく嬉しかったし、納得できた。

私、前から人には恵まれてると思ってた。
MR時代の元上司とか先輩とか。
前職時代の元上司とも、今もいい友達です。
今の会社も...
店長も事務の若い子も、年 下だけど人として尊敬できるし、
そういうのを、いい刺激にして頑張っていこうと思います。

闇の部分の事も、やっぱり言い出すのに時間がかかってしまいました。
最初、「いつのこと?」とか聞いてくれて、その勢いで話せば良かったんだけど、言えなくて...
もう1回、なんかきっかけになること言ってくれないかな、と思ってたけど、これは、自分でちゃんと言うしかないな、とやっと決心がついて、話し出しました。

話し出しの言葉「不正なことをした」だったと思うんだけど、前職の時の店長の横領の話をしたから、私も不正な行為、ということで一緒じゃん、って思いながら話し出したんですよね。
京介さんにも、「厳しい言い方するとだけど」という前置きありで、ちゃ っかり言われましたけどね。

闇の部分の事、話したらむちゃくちゃキツい事言われると思ってたけど...
でも、ああいう言い方だったから、よけいに心に響きました。
人の心理的なこととか、禅でもよく聞く「ありのままの自分」という言葉とか、すごく真っ直ぐに心に入ってきました。

急に立ち上がってどっかに行ったかと思うと、バットケースのようなもの(笑)から、なんかいっぱい道具を取ってきて,,.
道具に対する恐怖心があったので、頭が真っ白。
ただ、闇の部分の事に関しては、どんな状況であろうとも、京介さんの考えてるお仕置きを受け入れる覚悟だったので、取り出された道具を見ながら、しようがないな、と。

でも、まだ心の準備ができてないう ちに始まっちゃって。
服の上からだからと甘くみてたけど、平手も、想像以上に痛かった。
すごい力ですね。きれいな手してるのに。
(初めて会った時からきれいな手だな、って思って見てた。あので手で叩くんだ、って。)

痛みを感じたかったから、薄い生地のパンツを選んではいてたんですよね。
下着だけで余分なものははいてなかったしね。(汗)
で、すぐに道具で...

抵抗せずに、ちゃんと我慢して受けるつもりだったのに、あまりの痛さにあんな態度になってしまいました。
もっとちゃんと受ければ良かったと、ちょっと後悔です。
だからお仕置き終了後「もう罰を受けたんだから、りりこも自分を許してあげればいいんだよ」って言ってくれた時、本当にこれ で許されるんだろ うか、っていう気持ちが少しあった。

でも、おしりを見てビックリ(*_*)
あまりにもひどい状態に言葉を失いました。
「ま、これだけの罰を受けたんだから、いいか」と、おしりを見て初めて思えました(笑)
お仕置き終了後、顔を上げれなくて、ソファーのところでうずくまってた時、頭に手を置いて話してくれたのが、すごい心地よかった。
ずっとこのまま、時が止まればいいのに、って。
帰り際の握手しての会話も。

京介さんに出会うまでは、一生誰にも言えないと思ってたし、今日も言い出すのにすごく時間がかかったけど、ちゃんと言えて良かったです。
今はスッキリしています。
もう過去にとらわれず、自分の性癖をしっかり理解して、行きすぎないように自分をきち んと見つめていきます。

これから先、仕事の事でも他でも、また何かあったら叱って下さいね。
仕事では理不尽なDr.が相手だから、何かあるかもです。

本当に、京介さんに出会えて良かった。
せっかく出会ったんだから、いっぱい吸収して、人としてもっと高いところに行きたいな、と。
京介さんは私にとって、いい友達(?)(ちょっと違うなぁ。)人生においての師匠かな。
だから、これからもよろしくお願いします。

今日はなんだか眠れそうにありません。
7月11日、私にとって大切な日になりました。第2の誕生日的な。
生まれ変わった気持ちで、 明日から頑張ろうっと。

本当にありがとうございました。





京介コメント

りりこさんははじめはお仕置きに興味のないようなことを言っていたのですが、メールのやり取りをしていく中で、過去を思い出し、やっぱりお仕置きを望んでいるんだと途中から告白してきました。

自分にとってとても罪悪感を感じる部分があり、それを罰してほしいという強い思いがあり、私は言いづらいのだったらメールで話しておいた方がいいといったのですが、悩み、当日にしっかりと話をするという選択をしました。

それまでもこれまでの堕落した仕事内容を叱り、その部分を直すことを約束したのですが、当日どうなったか聞 いてみると、自分の中でしっかりと変わっていないという思いがあり、その状況を説明するのにかなりの時間を要しました。

ところが話を聞いてみるとしっかりと変化はあり、そのようにしているのならば今の段階は問題ない、周りとの関係もあるのだから、徐々に自分が責任者になったとしても違和感の内容に変えていけるはずだとアドバイスをしました。
また、今回は闇の部分に対してのお仕置きだったのですが、これも厳しくしてほしいとのことでした。
感想ではかなり厳しいように書いてありますが、あくまで本人希望ですから^^;
しかも本人の真面目さからそこまで厳しくしなければ後悔すると思ったことも加味されています。

お 説教をしてもしっかりと納得をして、言い訳をせずに前を向く姿勢を見せられるところはすごいなと感じました。
人は誰しも自分が悪くても、理屈をつけて自分をよく見せようとしたり、だからしょうがなかったんだと言い訳をするものです。
そういうところを見せずに全面的に非を認め、言い訳をしないという姿勢はなかなかできるものではありません。
どうしても人は自分の気持ちをわかってほしいと、どうしてこうなったかを説明したくなるものですからね。

私の言葉で気持ちが切り替わったことは私としても嬉しいものです、お仕置き以外にもこういうことがあるからこそこの活動を続けているのかもしれませんね^^







                     戻る