お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

さえこ   年齢:10代後半 お仕置き経験:なし 彼氏:有り パートナー:無し

今回はありがとうございました(*´ー`*)
私はこういう世界があること、京介さんという私の生活では知るよしもなかった活動をしている人がいることを友人から教えてもらいました。
そして、私も教えてくれた友人の気持ちがとても共感でき、京介さんと話してみたい会ってみたいと思ったんです。

友人に色々と教えてもらったり助けてもらったりして今回、京介さんと直接あって話すことが出来たので、友達にとても感謝しています(*´ー`*)

まぁ、そんなことで今回会っていろいろと話した京介さんでしたが第一印象はとてもいかつい感じでした笑
私はフレンドリーだけれど、内心はとてもビクビクしてたんですよ笑
話してみると、外見ほど怖 い声ではなくどちらかというと優しい声で、話しやすかったので少しは緊張が溶けました(^v^)
でも部屋に入ると会った時よりか緊張……。
顔にも出やすいから、きっと緊張しているのバレバレだったとおもう。笑

部屋に入ったらずっと悩み相談のような形になると思っていたから、何を言われるのか怖かったんだろうね。
けど、そんなことはなくて悩み相談もしたけどまさかの恋バナとかもしたね笑
あれはあれで心臓に悪かったよ。笑

話し込んで2時間経ったところでご飯を食べて、少し休憩をした直後だったね笑

『最近、なにか悪いことしなかった?』
この問いかけ。

今回は、お仕置き無しの方向でメールも進んでたし、 友人にも、今回は初めてだから無いよって太鼓判押されてたから、お仕置きに関してはないと確信してとても安心していました

だから、この問いかけがあってもそんな方向に行くとは全く、本当に全く思ってなくて……。
最近こんな悪いことをしてしまったと話したら、まさかのお仕置き。
あの棒、ケインっていうんだね。後で知りました。
ケインまでやられるとは。

お仕置きをやる方向に話しが向いた瞬間から私はニコニコしながら後ずさりながらちょっとした抵抗をしたつもりだった。
ものすごい勢いで隣に来た時は、あぁ、やられる、お尻ペンペン。泣
という気持ちで、もうやられるなら抵抗してもしょうがないと素直にお尻ペンペンする格好になりました。
けど、あんまりお尻ペンペンは怖くなかった。
おんまり痛くないイメージだったから。
初めの10回はいうほどいたくなかった。
けどテンポが早くなったところから、あれ?いたい。と感じるように
その時に言われた一言、心の痛みはこんなもんじゃない、そんな感じの言葉だったかな。
それを聞いた時、そっか、これはただのお仕置きじゃないんだ、辛い思いをさせてしまっ た人たちに対して反省したいから、お仕置きを受けているんだと思った。
それを聞いた瞬間、お尻の痛みよりか心の方がとても痛くなって泣いてた。
辛い思いをさせてしまった人たち、あの時は友達と家族だった。
どれほど傷ついたかな、どんな思いだったかな
そんな事を考えて感情移入してたらいつの間にか京介さんの手も止まってて、まさかその時に過呼吸みたいになっているとは気づかなかったよ

それからベットに移動して、終わりかな?と思ったらケイン。
あれは、とてもいたかった。
さすがに心よりも痛かった。
痛くていたくて手でかばいたいとも思ったけど、そんなことしたら友達や家族とけじめをつけられない。
反省してないことになる。って思って、頑張って 耐えたんだよ。
そのかわりたくさん泣いてこれでもかっていうぐらい泣いた。
最後の10回と+何発かもあっという間に終わった。
限界までは達しなかったから京介さんも手加減したのかなと少し思ったよ。
実際。私のお仕置きは過呼吸みたいになる少し前からだったから。
とはいえ、お仕置きが終わってお尻の痛みが引いてもずっと心は痛かったから、精神的にはとても辛いお仕置きをされたような感じだったよ。
あの時の心の痛みはもう経験したくないなぁ泣

お仕置きが終わって泣いてる私に京介さんはずっと頭をなでてくれてたね。
今も子供だけど、あの時自分が小さな子供みたいで恥ずかしかったよ。笑
あと、頭撫でながら言ってくれた言葉『よく頑張ったな』は余計に涙を誘うから、涙が止まりそうでもぶり返したりしたよ。笑
あれらがなかったらきっと、泣いている時間最長記録はたたき出したりしなかったのに。笑

やっと泣き止んでも、泣きそうになることばを言ったり、丁寧語がぬけないからって尻ペンとかこちょこちょをやってきたりドSか!
っておもったよ笑

でもこちょこちょこの効果は凄かった。
あれほど丁寧語を直させる手段はないからね笑
次会った時もきっと丁寧語は抜けてないと思う。
ちゃんと努力はするから!タメ口になるように!
だって、こちょこちょこは本当に駄目だし、京介さんとの壁もなくしたいと思えたから。

本当にありがとうね
すっきり出来たよ
長年をかけてたまったものは結構吐き出すことが出来たみたいだから次会うのはわりと先になるかもしれないけど、その時はまたよろしくね(*´ー`*)




京介コメント

さえこさんはつい3週間前まではお仕置きとは全く無縁の生活をしていました。
彼女の場合は友達から進められて私のブログやサイトを知り、心の部分で共感したとのことで連絡を取ってきました。
もちろんその友達とは私のお仕置きを受けに来たことがある人です、要はカミングアウトですね^^;
なのでさえこさんからの最初のメールでは「お尻ペンはあまりされたくなく、どちらかというと甘えたい方です」と書いてきました 。
その友達は小、中、高が一緒の大親友で、さえこさんの家庭環境や性格をよく知っていて、”もしかして私と同じかも”と思って教えたそうです。
それにしても自分がお仕置きを受けている事をカミングアウトしてまで教えるとは驚きですね^^;

さえこさんは家庭の事情で小さいころから甘える事ができず、それでも自分は長女だから当たり前なんだと自分に言い聞かせ頑張ってきました。
夢もあり、それに向かって頑張っている姿は尊敬に値します。
自分の学費も自分でやりくりするためにバイトをし、家に帰れば家の仕事をし、それを文句も言わずに前を向いている姿勢はなかなか真似のできることではありません。

おそらく小さいころから親がそばにいな かったので甘える事ができず、ずっと頼られてきたので「誰かに甘えたい」という思いをずっと引きずっていたのでしょう。
話を聞いてみると感心することばかりで褒めることはあってもお仕置きをするようなことは一切ありません。
もともと上記にも書いたように最初のコンタクトで「お尻ペンはあまりされたくなく」と書いてあったので、私も本人の同意がない限りお仕置きはするつもありはありませんでした。
ただ、「お仕置きNG」とは言ってなかったので、反省材料があり、なおかつ本人の同意があればという考えではいたんです。
だからさえこさんには「最近なにか悪い事しなかった?」と聞いてみました。

さえこさんは先週友達との約束を忘れて迷惑をかけてしまったことがあ ったと告白しました。
私はお仕置きの意図があって悪いことがあったのかを聞いているのにもかかわらず、純粋な心を持つさえこさんは何の疑いもなく明るくその罪を詳しく詳しく説明してくれました^^
単なる約束破りではなく、その約束を忘れてしまったことでの影響が大きすぎて、これは私が今まで聞いてきたいろいろな反省材料の中でもかなり罪深いものでした。
ただ、故意ではなく、単純に約束を忘れてしまったといううっかりミスなのですが、その影響が大きすぎて大変なことになってしまいそうだったんですね。

お説教を始めると、さえこさんは目を白黒させて、かなり動揺し始めました。
自分の告白でこれからお仕置きが始まろうとしていることを瞬間的に察知したのでしょう。
「えっ?嘘ですよね?」というので私は
「だから、最近悪い事しなかったかって聞いただろ?」というと
「あーー!、そういうことだったんですか!うー、しまった!」と、今更ながら 後悔し始めました。
冗談でしょ?みたいな感じで何やらいろいろなことをヘラヘラしながら言ってきましたが、私はお説教を続け、「これはお仕置きで罰を受けないで済む話じゃないぞ」と言い聞かせました。
「○○○~(友達の名前)どうしよう、助けてー、えー、どうしよう」なんて動揺し続けていますが、私は膝の上に載せてしまいました。

早速平手でのお尻叩きを始めると観念したようで戸惑いながらもお仕置きを受けいれました。
だんだんと力を込めていくと「痛い痛い」と声が漏れ、更に力を入れると今度は泣き出してしまいました。
私は「声を出すなら出していいし、泣くなら思いっきり泣きなさい」といい、更に叩きました。
場所を移動し、ベッドに四つん這いにさせて今度はケイン を使いました。
初めてのお仕置きでしたが、とても悪い罪だったので、平手だけではさえこさん自身の罪悪感、そして深い罪に対する罰には甘すぎると思い、ケインを使用しました。

ケインという言葉さえ知らないさえこさんは、おびえた様子でいましたが、お尻にケインを叩きこむと大きな声で痛いと泣きながら声を発しました。
私はそのままゆっくりとした間隔でケインでお尻を叩き、さえこさんはずっと泣きっぱなしです。
でもさえこさんの凄いところは痛いのにもかかわらず手でお尻をかばわないところでした、さえこさんの友達とは違い、そこは根性がありました(笑)
後から聞くと、「負けたくない、頑張って受けなきゃ」という気持ちで必死に耐えたそうです、部活が体育会系だったこともあり、そういった根性と精神力は持っているようでした。
残り10回を叩いたのですが、ごめんなさいが言えず、ごめんなさいは?といいながら追加でケインを連打で打ち込むと、泣きながら何度も「ごめんなさい」を繰り返しました。
そして心から反省しているようだったのでお仕置きを終わりとしました。

お仕置き後もそのまま10分以上も泣き続けており、その泣き時間は私がこれまでお仕置きした中では群を抜いての最長記録でした^^;
なんせ、お仕置き始めて2、3分で泣き出してしまってそれからずっとですから・・・。
さえこさんがいうには、泣くのは中学以来だといい、これまで溜まっていたもの、我慢していたもの、いろいろな想いがあふれ出して涙が 止まらなかったようです。
しかしたくさん泣いたこともあり、とてもすっきりとした不思議な感じだったようで、このお仕置き効果にとても関心をしていました。
今回、まさか本人はお仕置きをされるとは思ってなく、友達も「悪いことがないからお仕置きされないよ」と言っていたので安心していたようです。
ところが結果お仕置きされてしまい、かなり戸惑ったでしょうが、結果は本人も納得?だったのではないでしょうか(笑)

お仕置きに興味がなくても叩かれたいと思っていなくても、心の溝を埋めたり愛情を受け取るにはこういったお仕置き行為はとっても意味のあることだと感じました。





                     戻る