お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

ちなつ 年齢:20代半ば お仕置き経験:3人 彼氏:有り パートナー:無し


京介さん
今日は本当にお世話になりました!
昔からブログを見ていて、私の中で京介さんはもはやあこがれみたいな感じになっていたし、相談内容が特殊なのでかなり迷ったのですが、思い切って相談してよかったと思います。

はじめはみなさんの感想からもっとワイルドな感じを予想してましたが、声をかけていただいたときには、優しそうな方だなって思いました。
お話ししたときにも、私の拙い話を丁寧に聞いてくださって、いつの間にかあまり人には言ったことがないような、私の核のような出来事も話していました。
京介さんにお話することで、自分の中でも整理ができた気がします。

道具を見せられながら覚悟はしてきたんだよね?って言われたときは肯定したらひどくなるかも!って思って、答えられず…
そのあとそこに正座してって言われたときには、かなりびびってたのですが、お説教にとても説得力があって、特に、長期スパンで見ずに1日1日を乗り越えていくという考え方にはなるほどと思ったし、自分のためにもならないだけではなく、周りの人にばれたときに「なんで相談してくれなかったの?」って悲しませることになる、という言葉に、周りの人を悲しませないためにも頑張らなきゃって思いました。

といいつつも、おいでって膝を叩かれたときには全く動けず、でもすぐ手を引っ張られてお膝に乗せられてしまって、初めに服の上から叩かれた時にはもう痛くて、パンツ降ろされたらすごく痛くて、どうしようって怖かったです。
そのあとテーブルに手をついてのお道具でのお仕置きも、さらに痛くてこわくてどうしようもなくて…。
定規、ケイン、パドルが置いてあって、ケインはだんだん太いのになっていくし、視覚的にも恐怖でした…!
途中何回も前を向きなさい、お尻をちゃんと向けなさいって叱られて、中断させちゃってすいませんでした…。
大げさだって言ってましたが、座り込んだのも前向けないのも、わざとでなくて、ちゃんと受けなきゃって思ってたことは信じてください…!

そしてベットに移動してからの平手が今までのお仕置きを受けた人の中で1番痛くて、最後らへんのは本当に手なの?って思いました…。
あとブラシも登場して、これで叩くよって言われたときの絶望感…笑。
これも本当に痛かった…!
ここでもいっぱい中断させちゃいましたが、ラスト100回でお尻を庇うのをほんとに必死で我慢したのは褒めて欲しいです!笑

普段からごめんなさいが言えないのと、痛みと戦うのに必死だったので、言わなきゃと思いつつごめんなさいが全然言えてなかったのですが、ごめんなさいが言えないんだなって京介さんに促してもらって、やっと口に出すことができました。

その後、そこに立ってちゃんと考えなさいって立たされたコーナータイムは、心細くて落ち着かず、ずっと京介さんを目で追ってしまってました。
コーナータイムは今回初体験で、本当はやってみたかったことの1つだったのですが、現実はうまくいかず…はやく許してほしい、甘えたいってことばっかり考えてました…!
次はちゃんとできるように頑張ります!

お仕置きが終わった後は、甘えん坊な私を許容してくださったのがとてもうれしかったです^^
甘々なお仕置きも好きそうだねって言われて、そうかも!って新しい自分を発見できたり、ぺちってほっぺを叩かれたり、すでに痛いお尻を軽くぺんされたりと優しいながらにSの京介さんも垣間見れたのも楽しかったです!

お仕置き中とこの時に言われた、「大人なんだからとか大人にならなきゃ」って言葉は、ずっと思っていたことで、実は割とズシっときたのですが、そんな私を許容してくれる京介さんの包容力に、もう少しだけ大人になりきらず甘えてたいって思っちゃいました。
現実はそうはいかないので、普段はがんばりますが、これからたまに京介さんのところで脱大人させてもらえるとうれしいです…!
それから、今の仕事向いてないと思うってズバっと言ってくださって、なんだかすっきりしました。
自分でもずっとそう思ってたのですが、それを認めた上で、もう少し頑張りたいと思ってます。

今回は、お仕置きもですが、誰にも言えなかったことを京介さんに話せたこと、それについて一緒に考えてもらえたこと、許容してもらえたことで精神的にとても安心できたと思います。
今後は我慢強く、自分に負けないように、また自分にあったストレス解消法を見つけられるようにがんばります!
本当にありがとうございました。

感想を書いてて思ったのが、私全然ちゃんとお仕置き受けれてない…ってことでした。笑
やっぱり京介さんがいうように、気持ちに甘えがあるんでしょうね…。
京介さんの前では治らない気がしますが、今回よりはちゃんとできるようになりたいと思います…!
今回の件以外でも、またご相談に行かせてください^^





京介コメント

ちなつさんは幼稚園の頃からすでにお仕置きに興味を持っていたそうで、その理由は”謎”とのこと^^;
なんで興味を持ったかが謎であるからこそ自分は変なんだ、もしかしてドМなのかもしれないと、スパの世界を知るまでずっと悩んでいたそうです。
ただよくよく聞いてみると小さい頃からお仕置きシーンが出てくるアニメは見ていたとのことなので、そこから無意識にお仕置きの興味がわいたのかもしれません。
お仕置きに興味を持ったきっかけというのが明確な人と無意識な人がいて、無意識だとしてもその頃にお仕置きを目にしていることが殆どなのです。
きっかけがなく、それで悩んでいたちなつさんでしたが、少しほっとしたようでした。

今回の反省内容はストレスを発散するためにある問題行動をしてしまい、いけないとわかっていても4年間もやめられず、しっかりと自制できないでいることでした。
それは癖にもなっていて依存もしていることなのですが、ここできっぱりとやめなければならず、そのことについてお説教をしお仕置きとなりました。

まずはちなつさんを膝の上に乗せて、スカートの上から平手で叩いてみると、それだけで痛い痛いとお尻をかばいます…。
さすがにこの段階でここまで痛がる子はこれまでいなかったので、本気なのか大げさなのかが分からず様子を見ながら叩いていました^^;
そしてスカートをまくりストッキングの上から叩くと更に痛がります・・・。
当然のことながらその後ストッキングを下げ、パンツの上から叩くと膝から降りてしまうほどの痛がりよう^^;
下着を下ろしたらどうなるんだろうと思いつつ、結局は下着を下げ、お尻丸出しでお尻ペンをしましたが案の定かなり痛がっていました・・・。

ちなつさんは痛い痛いと言いながら膝から降りようとしてお仕置きの体勢を維持できないので、立ち上がらせ、そのままの状態でテーブルに手をつかせ、道具でのお仕置きとしました。
最初は竹の物差しで軽めに叩くと、一発ごとにお尻をかばうように手を出し、こちらを向いてお尻を遠ざけます…。
1発叩くとかばい、また叩くとかばい、そんなやりとりでしっかりと叩くことができないので、道具をケインに持ち替え、更に強い痛みを与えました。
お尻を手でかばったり、お尻の向きを変えたりするので間隔があいてしまいましたが、ケインでは強めに叩き、更にもう一本の太めのケインで更に強い痛みを与え、その後パドルでも数発叩きました。

時間は長くても回数的にはあまり叩いていないので、今度はベッドにつれていき膝の上に乗せて、平手でのお尻ペンをすることにしました。
今度は体勢を変えたり手でかばえないように、腰を抱え、手をつかんで平手で強めに連打しました。
そして更にブラシを使い連打^^;

今までは間隔のあいたお尻叩きだったのが、今度は平手でもブラシでも連打だったのでこれはかなり痛かったみたいで痛い痛いと騒いでいました・・・^^;
ただしそれでも普段よりは多少は軽めには叩いていたので、痛みに弱いタイプなのかなぁと今更ながら感じてきました(笑)

しっかりと反省して、今日からは問題行動をしないと約束したので残り100回を宣告し、「手を出さないように我慢しなさい」といい、平手で叩くのですが、15回ほど叩くと手を出してきたので、回数をリセットして1からやり直しです^^;

平手では強めに叩いていたのですが、ちなつさんは手を出そうとするも、途中で手を引っ込めたりと必死に我慢しているようでした^^
そのまま50回ほど叩き、残り50回は更に力を入れて叩きました。
最後の10回はフルで叩いて終わりにしようとしたのですが、結局最後までごめんなさいが言えず、それを指摘したうえで追加で平手の連打をしていると必死にごめんなさいと言いだしました^^;
更に最後5回を宣告し最後にもう一度ごめんなさいが言えたので、お尻ペンを終了としました。

その後少し立たせて反省をさせようとしたのですが、ちなつさんは落ち着きがなく、きょろきょろとしています^^;
そこを一喝するとやっとキョロキョロするのをやめるのですがじっと立っていることができないのかフラフラとしています(笑)
身長も150センチほど、声も子供っぽく、落ち着きがなくそわそわとしているのを見ているともう子供そのものでした^^;
周りからもそういうキャラそして扱われているらしいので本人も自立できないのでしょう。
今後は大人としてのふるまいができるように成長しなさいと忠告し、今回のお仕置きを終了としました。





                     戻る