お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

よしこ 年齢:30代半ば お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し
カウンセリングに希望の為、お仕置き無し


これまで色々なサイトで、「お仕置き」について見てきたのですが、京介さんのサイトを見て、文章を読んでいく中で初めて連絡を取ってみようと思いました。
なぜか気になって、話を聞いて欲しくて、ドキドキしながら自分の事をメールにして送信しました。

試験を受けることになっていて勉強しなければいけないけど仕事が忙しくて勉強できない…とメールしたら、直ぐに返信が来て、「自制」できないんですねってすごくストレートな言葉でした。
その日1日「自制」って言葉が頭から離れませんでした。
とにかく、話を聞いて欲しかったから今回は「カウンセリング」を希望しました。
「お仕置き」には興味はあるけれど…相手がどんな人かわからなかったし、やっぱり怖かったから、カウンセリングをお願いしました。

会う約束をするまでのメールのやり取りは、とてもシンプル。
でも必ず返信があって、ちょっと返信を心待ちにしていました。
なんとか日程を見つけて会う約束をしました。
約束をした日はなんだかそわそわして、落ち着かないってメールをしたら、「私から話しますからそれに応えるだけでいいですからね」って返信があってホッとしました。

会う約束の日、声をかけてもらって、「着いたらメールしてって送ったよ。」と言われて、えぇ(・_・;)って
ビックリしてしまいました。
メールを確認してたつもりなのに…見落としてたから。
最初からやらかしてしまったと思いながら、移動していたのですが、メールにもあったように、京介さんから話をしてくれて、だんだん落ち着くことが出来ました。

部屋に着いてお茶を飲みながら、「今日はカウンセリングだよね」って確認をして話をしました。
色々な話をしながら、時々メールの内容も確認しながら話をしました。

試験勉強をしなきゃいけないけど、日々の生活や、仕事に追われて上手くできない。やらなきゃいけないのは分かるんだけど行動できない自分に、「このままなら絶対後悔するよ」って、時間もないけど、とにかく勉強をやれと言われました。

話の中で気づいたことは、これまで何かをがむしゃらに頑張った経験がなかったこと。
きっと誰もが、部活動や受験勉強に死に物狂いであの時は頑張ったって言える経験があるはずなんだけど…私には無い。
今までなんとなく、言われたことをやってきたから。
そのことに気づかせてもらえ、今回がその機会だよって励ましてもらいました。
後は行動するしかないので、頑張るって約束して、カウンセリングは終わりました。

本当に、話をするだけだったけど、京介さんの話には共感できるところがたくさんあって、「その考え方であってるんじゃない」って同意して貰えたことが嬉しかったです。
そして何よりも、「今の仕事にむいている」って言って貰えたことが一番嬉しかったです。

今回は話をじっくり聞いてくれてありがとうございました。
紹介して貰った本、手に入れました。少しずつですが、勉強しています(^o^)。





京介コメント

よしこさんはお仕置きに興味も関心も全くない偶然私のブログを見つけた人でした(笑)
と、いうことだったはずですが、感想を見てみると実はあったようですね・・・。
メールでも当日あってもそんなこと微塵も言っていなく、確かに全く興味ないと言っていたのに隠していたんですね^^;

実はよしこさんは教育関係者で、私のブログの叱ることや躾の記事を読み、自分の事の相談やアドバイスを受けたいということでカウンセリングのみという形でやってきました。

叱り方を検索していたらたまたま私のブログを見つけたようで、そこから話をしてみたいと思ったそうです。
また、自分が将来の目標が明確であるのにもかかわらずそれに対して向き合えないことに対してもお話をしました。
やはり教育関係者だけあって、しっかりとした考えや志は持っており、お話をしていても芯がありました。

これまで今後のやりたいことに対しての経験はいろいろとしているので、その経験によってしっかりと成長もしています。
他の人よりも複雑な環境であるからこそ経験できる辛いことや反省すべきことを吸収している感じを見受けられました。

また、真面目に育ってきたので不真面目な人の気持ちがいまいちわからないようだったのでそこは私がしっかりと教えてあげました(笑)
いろいろな面で背中を押してあげると、少しは自信がついたようで、最初に会った時よりも少し顔色が変わったように感じました。
どんな立場の人間でも人の意見を素直に聞き入れる、そういう柔軟性はとっても必要なことだと感じました。







                     戻る