お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

ゆき 年齢:30代前半 お仕置き経験:無し 彼氏:無し パートナー:無し


京介さん、先日はお会いしていただきありがとうございました。
当日は緊張して胃が痛くなっちゃいました。
京介さんを発見したくなくて、視力矯正しないで待ち合わせ場所にいました。
第一印象は、普通の人だなぁ。。口数少なそうと思いました。(笑)

サイトを発見してから、読んでいるうちに共感できる部分があったし、連絡してみたいなぁと思ってはいたものの、一歩が踏み出せず、サイトを閲覧する日々でした。
でも、今、行動に移さないと後で後悔すると思って、思い切って連絡してみました。

特に反省したい内容があるというわけではなく、お仕置き願望を満たしたいという理由でした。
雑談は、普通に話せてたと思うんですけど、自分のこと話すの苦手です。

お説教は、怖くなかったです。雑談と同じ口調で話してもらえました。
てか、ニヤケてなかったですか??

お仕置きだよと言われて、手を引かれたけど、どうやって膝に乗ればいいか分からなかったです。
ペンの音、半端なかったです。
立たされて、道具でのお仕置きは、幅広い定規が痛かったです。
痛いって言ったら、痛くしているからだよ!
と言われ、無理と思ってごめんなさいしたら、道具終わりにしてくれた。

でも、まだまだ続いて膝の上でのペン再開。
あと、200回ねって、言われて、そんなぁと思いつつ、限界がきて、膝から逃げ→ごめんなさいを2回繰り返しました。
最後の1発は激痛でした。

京介さんの平手は板のようでした、お仕置き終わった後、お尻見てビックリ!!!
真っ赤で、内出血しているし、ひどい状態。。。
京介さんに文句や、痛いばかり言っていました。
終わ った後は、ぐったり疲れました。

自宅に帰ってからは、トイレ行くたびに、お尻の状態を見て、心が折れ、時間と共に痛みが増してきました。
めちゃくちゃ腫れました。(泣)
今も痣だらけ。

現実逃避した気分。また、行きますね。
ありがとうございました。





京介コメント


ゆきさんは突然湧いたお仕置き願望を満たしたくて私のところにきました。
お話しして過去を思い返させると、小学生の時から意識していたかもしれないとのことでしたが、それはお仕置きの目撃でなだけで、自分がお仕置きされたいとまでは思ってい なかったとのことでした。

そんなゆきさんはお仕置き願望などは特に無くこれまで過ごしてきたのですが、事の発端は、今年の6月頃にTVで見た映像だそうです。
それは中国の銀行員の親睦会で、成績が悪かったチームがお仕置き(お尻ペン)されるというニュース的なものだったそうです。
それからというもの、お尻ペンのお仕置きが気になり、yahoo知恵袋での体験談や、スパンキングの動画(親から子へ)を観て、ゾクゾクしてしまっていたそうです。

そういったものを見れば見るほどお仕置きが頭から離れなくなり、一か月ほど前に検索で私のブログを発見し、お仕置き依頼という形になったそうです。
今回は反省内容などはなく、単に願望であるお尻ペンのお仕置きを体験したい ということでしたが、やはりそこはお説教の材料を探さなくてはならず、あれこれと詮索していき、材料を探してそれについてお説教をしました。

また、当初は道具NGだったのですが、経験するなら道具も経験した方がいいと私が勧めると、軽くという条件で道具も試してみたいとなりました。

お説教を終え、まずは膝の上に乗せて服の上からお尻を叩きました、この時は無反応。
その後スカートをめくって下着の上からお尻ペンをしましたが、その時には痛そうなうめき声が聞こえてきました。
また、ゆきさんの場合は下着着用のお仕置き希望だったので、パンツをTの字に食い込ませ、生尻を叩きました。
生尻を叩くとゆきさんは途端に痛が り、我慢ができない様子でした。

場所を移動して、今度は道具のお仕置きです、定規やケインを使用すると限界だったようで、すぐに音を上げてきました。
今回は道具はお試しということだったので軽めに道具を終了としました。

最後は膝の上に乗せて平手でのお尻ペン200回を宣告し、最後の方は特に力を入れて叩き続けお仕置きを終了としました。
せっかく体験するのならばと平手ではある程度の力を入れて叩きましたが、お尻の皮膚が弱めだったため、お尻が真っ赤っかになってしまいました、まぁ経験としてはよかったでしょう^^;







                     戻る