お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界~

ゆうこ   年齢:10代後半 お仕置き経験:7人 彼氏:無し パートナー:無し

今日はありがとうございました!
私の都合で急きょ会うことになっちゃってごめんね、時間とってくれて嬉しかったよ(*^^*)

京介さんの第一印象はチョットだけ軽そうな感じ。(笑)
っていってもサングラス付けた時の印象だよ!
話せば話すほど魅力的で
あぁ、やっぱり憧れてた京介さんだ。って思った(^^)
なんでか京介さんの側にいると凄く安心できて、あんまり緊張はしなかったかな。

部屋に入ってもずっと和やかムードで、始めはいつお仕置きされるのかなって警戒してたけど10分もしたら普通に会話を楽しんでました(笑)
その中で今回反省しようとしてた事が解決しちゃった時は若干焦ったけど、それ以上にスッキリした気持ちが大きかったよ(*^^*)
だからこのままお話するだけでもいいな~って薄っすら思ってた。
でもその後の会話で段々と自分の今までの親に対する言動とか、考え方が間違ってるなって気付かされてきて...
結局はお仕置きになったけども^^;

お説教されてる時、実はチョット泣きそうになってたの。
恥ずかしいから気付かれないように自力で引っ込めたけど^_^;
なんか今までのカーさん達の形だけのお説教とは違って、私の気持ちもくんでくれててすっっごく嬉しかった!
その上での正論だから自分でも驚くくらい素直に聞けたし、反省もできたよ。

京介さんに平手でペンされた時、始めチョット大袈裟に痛いって言っちゃったかも(笑)
だってだって、手術したって聞いてたからさぁ。。。
でも段々と平手の威力凄くなってきて、マジで痛かったよ。あれは病み上がりの力じゃないと思う(笑)
その後にケイン連打された時はふざけんなと思った(ーー;)
あとゴメンなさい言わなかったのは本当に忘れてただけだから!
なんせ久しぶりのペンだったんだもん...。
1つ苦情を言うなら、ラストのケイン10発を返事しなかっただけで30発に増やすのは理不尽です。(笑)
あとよく反省してる風に見えないって言われるけど、意外としてるんだからね^^;

私甘えるの下手だから、いっつも抱きつきたくても自分から抱きつけないの。
でも京介さんは半強制的に抱きつく姿勢にさせてくれたし、ずーっと背中ぽんぽんしてくれてたから凄く嬉しかったんだ。
背中とか腕のお肉ムニムニしてくるのはムカついたけど...(笑)
話題も振ってくれるし、京介さんの事も沢山知れたし。
とにかくす~っごく幸せな時間だったよ。
若干敬語が抜けきらなかったから、今度会うときはもっと自然になれたらいいな(*^^*)

現在は、お尻の下の方が青あざになっとります。
全体の色はあんまり変わんないけど、熱もって腫れてる...(ーー;)
当たり前だけど痛いよ~泣

まさかの大晦日でのお仕置きだったけど、来年から心機一転頑張れそう(*^^*)
親への態度も、勉強も、あとダイエットも!笑
もしまた悪い子になっちゃった時は話聞いてください。



京介コメント

ゆう子さんは10代だけあって、やはり今時の子だなぁって印象がありました、当たり前ですけどね。
優等生っぽいけど、少しはじけていそうな面も持ち合わせているんでしょう。
会ってすぐに、緊張してるか聞いても「少しだけ」なんて返答してくるので「強がってんのかな」なんて思ってました(笑)
部屋に入ってしばらくすると「もう緊張が取れました、なんかくつろげる」なんてふざけたことを言ってきたのには仰天しちゃいました。
何度もカーさん会っている20代の人でもやはり最初はめちゃくちゃ緊張するものです、しかも緊張が取れるのは決まってお仕置き後。
なのにこの子はいきなりくつろいでいます(ー ー;)
さっきの言葉は強がりでもなんでもなく本心だったのかとその時にわかりました。
それと同時にその態度に(別に全然悪いわけじゃないですけど)なんとなくきつめにお仕置きしてやろうと思っちゃいました(笑)
そんなことを知らないゆう子さんは無邪気にいろんなことを話しています、そういうのも含めて見ていると可愛さを感じてしまいます^ ^
ま、そうはいっても彼女の場合は下着着用のお仕置きなので強めに叩かないとっていうのは初めから考えていましたけどね。

メールで聞いていた反省材料の話をまずしたんですげど、私は「それは自分自身が悪いと思えば悪いことだけど、そうでなければそういう行為はしても悪いこととは言い切れないと思うよ」
というようなことを言い、その前提である本人の意思、環境、現状等を確認しました。
本人も常識に囚われすぎていて、一般に悪いと言われていることに対して、何でそれが悪いことなのかと違和感を抱えていたのですが、やっぱり悪いと言われているから悪いんだろうと思い込んでいるようでした。
なので少し広い世界観で説明したところ、それについてなにやらスッキリしたようでした。
まぁ、詳しくは書けませんが世の中そういうことはまあまああるものです。
ただ、誰かに多大な迷惑をかけていたらその時点で問答無用でアウトですけどね。
私はこじつけのお仕置きは嫌いなので、その理由でのお仕置きはやめて、急きょ他の理由を探すことにしました。
まぁ理由を探すのはわけないことですからね(笑)

結局は家族に対しての態度が悪いこと、甘えすぎていることに対して、本人もいつも後悔しているようだっのでそれについてお仕置きをすることにしました。

多少抵抗したものの素直にお仕置きを受ける姿勢になったのでスカートをまくると、ご丁寧にストッキングまで着用していました。
下着の上からのお尻ペンとはいえ、さらにストッキングまで履いているとは・・・。
見た目は生足っぽかったのですが、更にガードを固めているとはどういうことでしょう。
そんなことを考えても始まらないので早速ストッキングの上から平手で叩き始めました。

最初から一応痛がっているそぶりは見せていましたが何となく怪しいものでした。
なので少しづつ力を入れて平手でペンをしていきます。
ゆう子さんは「痛い痛い」と声を出し、時折手でお尻をかばうようなしぐさを見せますが、そこには必死さまで感じられません。
更に力を入れてペンをしてもやはり下着とストッキングのガードはお仕置きへの反逆者と化し抵抗してきます。
それではそろそろケインを。ということでケインで叩いてみるとこれまでとは少し違う反応を示しました。
「ケインやだ」と声が出てきました。
どうやらゆう子さんはケインが嫌いなようです。
しかしそのまま続けてお仕置きをしても「ごめんなさい」の一言がいつまでも聞こえてきません。
私が「ごめんなさいも言えないんじゃずっと終わらないぞ」といってあげると、途端に「ごめんなさい」の繰り返しです。
「言うの忘れてただけだし」、「ごめんなさい、ごめんなさい」
と、ただ言っているだけの言葉で、いまいち気持ちが伝わってこなかったので更に叩きました。
結構叩いたあと、ある程度痛がっているからそろそろ終わりにしようと想い
「最後10発な、しっかりと反省しなさい」といいました。
ところがなんの返事もありません。
「返事がないな、じゃあ20発で」というと、「やだやだ」というだけです。
私はその返答に対し、「それじゃ30発だな」と返しました。
ゆう子さんは抵抗すると回数が増えるということに気が付いたらしく渋々とうなだれて「わかった」とやっと返事をしました。

ということで最後の30発は気合を入れて打ち、更に最後1発だけおまけで叩いてお仕置きは終了しました。
ゆう子さんの場合、私のブログやサイトを穴が開くほどしっかりと読んでくれていました。
私よりもブログやサイトの内容を知っているくらいです(笑)だからこそ話がしやすく、理解もすぐにできたのではないかと思います。
私が説明していても先回りして結論を言ってしまうこともありました。
とにかく難しいような話でもすんなりと理解してくれるので私としてはとても楽に話ができましたね。

大晦日でのお仕置き。
きっと年始からは気持ちを切り替えていい年を迎えられることでしょう^^



                     戻る